2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > 年賀状と寒中見舞いの違いについて

年賀状について

年賀状と寒中見舞いの違いについて

年賀状とは異なる?寒中見舞いとは

年賀状とは別に、寒中見舞いを出す機会もあるものです。
寒中見舞いは、豪雪地帯に住む人への気遣いとして送られる便りで、
古くから行われている風習です。
また喪中のために年賀状を送ることができなかった人が、
新年の挨拶の代わりとして寒中見舞いを出すことは一般的です。
また、寒中見舞いの利用で最も多いケースが、
年賀状の出し忘れや返信が遅れた場合でしょう。
年賀状は一般的に、年初から松の内までにやりとりするものなので、
この期間を過ぎた場合は寒中見舞いとして返信するようにします。
なお、年賀状を出し忘れて寒中見舞いを送る場合には
お詫びの言葉を添えるといいでしょう。

寒中見舞いの正しい使い方

寒中見舞いは松の内が過ぎた後、つまり1月7日頃に到着するように
届けるものですが、年賀状のように新年の挨拶をするものではなく、
あくまでも季節の挨拶状です。
そのため寒中見舞いに年賀状と同様の内容を添えることは
タブーとされています。
しかし喪中であることを知らない人から年賀状が届いた場合には、
寒中見舞いを返信とし、近況報告などを添えるのがいいでしょう。
ちなみに寒中見舞いの時期は2月4日までで、これを過ぎると
余寒お見舞いという季節の挨拶になります。

もっと気軽に寒中見舞いを

毎年送られる年賀状から少し遅れて受け取る寒中見舞いは、
寒い季節に相手の様子を気遣う便りとして、
遠方の親戚や友人、疎遠になった知人と交流する良い機会になります。
カジュアルな寒中見舞いがきっかけで、旧友と再会したり、
新しいコミュニティが広がるなど、人間関係が発展する可能性があります。
今年は、寒中見舞いにも目を向けてみてはいかがでしょうか。

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>