2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > 年賀状の常識とタブー

年賀状について

年賀状の常識とタブー

知らぬ間にタブーを犯してしまっているかも?

年賀状は幼い頃から毎年作成しているものなので書き方は心得ていると思っているかもしれませんが、実は意外と年賀状のタブーを犯してしまっている人が多いことを知っていますか?
この記事では常識的な年賀状の書き方や年賀状のタブーにあたる事柄について紹介していきます。

年賀状を出す目的とは?

そもそも年賀状を出す目的や起源とは何なのかをまず説明していきます。
年賀状が始まったのは遥か昔、「平安時代」であると言われています。年賀状を最初に送った人について歴史的資料は残っていませんが、資料で残っているものでは「藤原明衡」の挨拶状が挙げられます。
この頃から貴族の間では年始の挨拶として手紙のやり取りがされていた記録が残っています。庶民の間に広まり始めたのは江戸時代になってからで、町飛脚の登場で町人が手紙のやり取りを行うようになったため、年始の挨拶も行われるようになりました。
このように年賀状は基本的には年賀の挨拶に直接伺うことができない遠方の知人へ年始の挨拶をするものでした。
しかし現代では普段から会う相手であっても、昨年お世話になったことへのお礼をする機会として利用されています。
また、普段なかなか連絡をすることがない知人に近況報告をする良い機会でもありますね。

年賀状のタブーにあたることとは?

年賀状は受け取って嬉しいものですが、タブーをおかすと受け取った相手に不快感を与える可能性もあるものです。
例えば下記のような内容を記載したり、報告することは年賀状の誤用になります。

  • 結婚の報告
  • 出産の報告
  • 自分の新年の抱負を記載する
  • カラフルなイラストを描く
  • カラフルな色で文字を書く

結婚の報告や子供が産まれた報告を写真付きの年賀状で受け取った経験や自分が送ったことがある人も多いのではないでしょうか?
当たり前のように行われているのでタブーであると思ったこともなかったかもしれませんが、実はこれらは年賀状のNG事項になります。
なぜなら、年賀状の目的は年賀状を受け取った相手の新年を祝うものであって、自分の近況報告をしたり、自分の抱負をのべる場ではないからです。
上記のような内容は自分軸で書かれているため、本来の年賀状の目的とずれてしまうということですね。
もちろん親しい友人であれば多少カラフルなイラストや文字を使用しても問題ありませんが、目上の人や会社関係の人に年賀状を出す場合には気をつけましょう。

年賀状を出すときに気をつけること

タブー事項の他にも年賀状を出すときには注意が必要な事項が何点かあります。
まずは、年賀状を出す時期。年末は何かと忙しく年賀状を出すのも遅れがちですが、あまりにも遅い年賀状の到着は失礼にあたります。
1月1日に到着するのが理想ですが、遅くとも1月3日までには届くように年賀状を投函しましょう。
確実に1月1日に年賀状を届けたい場合は、12月15日から12月25日の間に郵便局に持ち込むか郵便ポストに投函することが必須。12月26日以降に差し出された年賀状は元旦に配達される保証がなく、1月3日を過ぎてしまう場合もあります。
逆に12月14日以前に投函すると投函した日から3日程度で配達されてしまうので気をつける必要があります。

年賀状に使用してはいけない忌み言葉とは?

忌み言葉は不吉な印象を与え祝いの報告にはふさわしくないので使用してはいけません。
例えば下記のような言葉が忌み言葉になります。
死、血、無、魔、切、去、終、悪、戻、朽、破、崩、別、戻、帰
他にも賀詞は重ねて使用することができないため注意しましょう。例えば、「あけまして」と「新年」、「元旦」と「1月1日」などです。
来年からはタブーに気をつけて常識的な年賀状を作成しましょう!

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>