2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > 年賀状にふさわしいフォントはどれ?

年賀状について

年賀状にふさわしいフォントはどれ?

年賀状の定番フォントとは

年賀状のデザインを考えるとき、写真やイラストの他にもフォントにもこだわりを持ち、おしゃれな年賀状をつくりましょう。
フォントは、ゴシック体、明朝体、行書体、POP体など様々な種類があります。
年賀状の定番のフォントは、毛筆フォントです。
毛筆フォントを使用すると、品格がある年賀状に仕上がります。
しかし、年賀状に使用する写真やイラストによってフォントを変えることでおしゃれな年賀状になります。
例えば、和風の年賀状にしたいのであれば、メリハリのある明朝体のフォントを使用し、金文体や隷書体は個性的なデザインの年賀状に仕上がるでしょう。
定番な毛筆フォントが一番良いというわけではありませんので、写真やイラストに合ったフォントを選ぶことをおすすめします。
何かを参考に年賀状をデザインしても良いですが、自分だけのオリジナル年賀状は貰った相手も喜んでくれるでしょう。

表面にもこだわりを持とう

年賀状は、裏のデザインだけにこだわらず、宛名を書く表面のデザインも重要です。
宛名を書く表面は、明朝体が定番です。
どのソフトにも明朝体が入っていますので、会社用や仕事上でお付き合いのある方には、明朝体を使用しましょう。
仲間や、身近な方に送る年賀状のデザインは、堅苦しさを与えない丸ゴシック系がおすすめです。
少し、大人っぽくみせる場合は、筆文字風の行書体などを使用するといいでしょう。
定番のフォントにこだわらず、年賀状を送る相手に合ったフォントを選びましょう。
また、長い住所や、画数が多い漢字を使用した名前の場合は、ごちゃごちゃとして見えないフォントを選ぶことが大切です。
印刷前に、必ず、仕上がりを確認しましょう。
年賀状の写真やイラストにこだわることも大切ですが、フォントにもこだわりをもち、見栄えが良いおしゃれなデザインの年賀状をつくりましょう。
フォントにも手間をかけることで、印象が良い年賀状をつくることができます。

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>