2022寅年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

喪中はがきについて

喪中はがきは1年以内に近親者に不幸があった場合、故人に対する生前の厚誼への感謝を示すことと、喪に服していますので慶びの年始挨拶や年賀状を送ることを控えさせていただきます(年賀欠礼)ということを前もって年賀状をいただきそうな相手にお知らせる挨拶状です。
元々は神道の穢れの考えや儒教の影響などで定められた「服喪」という儀礼に、仏教の回忌の考え方なども加わり生まれた風習です。
しかし、最近では宗教的な儀礼としての意味より、故人への愛情・感謝の気持ち、 また、故人を失ったことの悲しみの表現の側面が強くなってきているようです。
こちらのページでは、喪中についての世間常識、その歴史なども紹介いたします。

喪中はがきのご注文はこちら>>

現在では当たり前のように行われている喪中はがきですが、その歴史などについて詳しく知っている人はあまり多くないでしょう。
ここで、歴史や書き方について紹介したいと思います。

つづきはこちら

年賀状の準備に取りかかる頃になると届く喪中はがきですが、喪に服していることを伝える親族の範囲や出す時期、受け取った場合の対処についてのマナーについて考えてみます。

つづきはこちら

喪中はがきとは、正式には年賀欠礼状といいます。
近親者が亡くなった喪中の期間であるために、年賀状での新年のよろこびの挨拶を控えることを詫びるための書面になります。

つづきはこちら

喪中期間に注意すべき点はいくつかあります。
神社に参拝して良いのか喪中はがきの出し方など、故人を偲ぶ期間に控えるべきはどういうことなのかを予め知っておきましょう。

つづきはこちら

書いて出す機会が少ない喪中はがきですが、書き方を覚えておくといざという時に困りません。
喪中はがきの書き方で形式や文例などの他、日付や住所の表記についてお話ししていきます。

つづきはこちら

喪中はがきには明確なルールがありませんが服喪中の新年の挨拶を辞退するために書くものです。
喪中はがきの書き方はさまざまな文例があるので参考にして書くとよいでしょう。

つづきはこちら

喪中はがきが届いた時には、喪中見舞いを送るというのが、一般的な方法になります。
送る時期としては、松の明けた後になります。
基本的にシーズンに関係なく送ることができます。

つづきはこちら

新年の挨拶として出す年賀はがきの代わりに、不幸があったために年始の挨拶を控える旨を伝える喪中はがきですが、大量に印刷して余ってしまった時にはどうすればよいのでしょうか。

つづきはこちら

正月前に用意しておきたいものとして年賀状がありますが、身内に不幸があった場合、喪中はがきを出す必要があり、相手に届く時期には期限がありますので注意が必要になります。

つづきはこちら

結婚式の招待と、喪中との時期が重なることは、誰にでもあり得ることです。
喪中となったら、まずは喪中はがきを出しましょう。
式への出席の判断など、冷静でスマートな対処が肝心です。

つづきはこちら

喪中の期間は慶事などのお祝い事をしないようになっています。
では、お中元やお歳暮はどうなっているのでしょうか。
どちらが喪中かという状況によって、そのマナーはかわってきます。

つづきはこちら

一般的な喪中期間の長さや喪中期間内のしめ縄や門松等の飾り付けなどの新年の準備や過ごし方の説明に加えて、喪中はがきや寒中見舞いに添える手紙の必要性と書き方の注意点を説明します。

つづきはこちら

日本において喪中期間は、飲み会などは控えめにする習慣があります。
歴史的に見ても、忌中や喪中期間は、派手な行動は控える傾向にあります。
忌中期間に関しては、参加は控える方が良いです。

つづきはこちら

古来より引き継いだ美しい風習が、日本には数多く残っています。
喪中の間は控えめにするのも、そのひとつです。
ですが、旅行に行ってはいけない、というルールはありません。

つづきはこちら

仏教信者とキリスト教信者では宗教上クリスマスの捉え方に違いがあります。
本来の意味から考えると、いずれの宗教でもクリスマスは静かに過ごすのがよいのではないでしょうか。

つづきはこちら

喪中はがきはどなたかが亡くなったことを知らせるためのものですから返信の必要はありません。
どうしてもお悔やみをお伝えしたいときは喪中見舞いか寒中見舞いとして出しましょう。

つづきはこちら

喪中の時に届いてしまった年賀状は、相手と自分の状況を見て対応を決めます。
喪中はがきを出していない相手からの年賀状には寒中見舞いとして返信し、喪中であることをお知らせしましょう。

つづきはこちら

お正月の挨拶として定番化している「あけましておめでとうございます」は、原則として喪中時には用いません。
ただ、喪中の相手からそのように挨拶されたり、仕事上の挨拶の場合は例外です。

つづきはこちら

日本では死は穢れだと捉える風潮があります。
忌中はおめでたい席への出席や飲酒が禁じられる期間とされ四十九日で明けますが、喪中は個人を偲ぶ期間であり死後約1年間が適当とされています。

つづきはこちら

通常、出産内祝いは出産祝いをいただいてから1か月以内にお返しするのが原則ですが、喪中の場合は四十九日が明けてから贈りましょう。
時期だけでなく内容にもマナーがあります。

つづきはこちら

喪中はがきは私製はがきを使用し、弔事用切手を添付するのがマナーです。
官製はがきを使用する人も増えていますが、礼儀を重んじる相手や仕事相手にはマナーを守って出しましょう。

つづきはこちら

喪中は初詣に絶対に行ってはいけないというマナーはありません。
神社の場合、各地域の慣習によってOKの場合もあります。
また、お寺は喪中の概念がないので全く問題ありません。

つづきはこちら

喪中はがきは年賀状の欠礼をお知らせするためのものですから、本来引っ越しの挨拶はがきとは別物ですが、喪中はがきで新住所をお知らせすることで引っ越しの挨拶と兼ねることもできます。

つづきはこちら

弔事では文字を薄墨で書く文化がありますが、喪中はがきの宛名の色はその限りではありません。
喪中はがきは郵便物ですから薄墨よりもはっきりと黒で書いたほうが郵便局員に対して親切です。

つづきはこちら

喪中はがきで用いられる南天のデザインは、晩秋の頃の深緑色の葉に赤くて小さい実を携えた様子が主です。
難を転じるとも書かれることから縁起の良い植物としても有名です。

つづきはこちら

蓮は仏の慈悲や智慧の象徴となったり、極楽浄土への往生のキーアイテムとなるなど仏教にとってなくてはならない花です。
喪中はがきのデザインとしてもトップの人気を誇っています。

つづきはこちら

椿は仏教や縁起とはそれほど関係がありませんが、万葉集にも歌われるほど昔から日本人に親しまれている花です。
喪中はがきのように日本の伝統的な文化には適しているデザインと言えるでしょう。

つづきはこちら

喪中はがきには添え書きを絶対にしてはいけないというわけではありません。
法事に関係している内容かつ相手や故人に対して失礼にならない範囲なら一言添えてもマナー違反には当たりません。

つづきはこちら

葉書には官製はがきと私製はがきがあります。
官製はがきを使うときは切手部分のデザインが胡蝶蘭のものを選ぶのが一般的ですが、本来は私製はがきで弔事用の切手を貼って出すのがマナーです。

つづきはこちら

喪中になると、喪中はがきを出さなければいけませんがはがきの新年のあいさつには、おめでとうという言葉を使うのはよろしくないと言われています。
使わないように気を付けましょう。

つづきはこちら

喪中はがきのマナーの中で知っておいてほしいのが故人との関係を示す続柄です。
続柄によってははがきをださなくても良いケースなどもあるのでマナーとして知っておきたいものです。

つづきはこちら

喪中はがきの作成は手間がかかってしまいます。
なので、その手間を省く方法として業者を利用するという方法があります。
宛名印刷も依頼もお願いできる業者があるので利用すると非常に便利です。

つづきはこちら

喪中はがきを出す上ではいろいろと守らなければいけないマナーというのが存在しています。
失礼がないように、無難なデザインや文面をチョイスして送るようにすると良いでしょう。

つづきはこちら

喪中はがきは亡くなった故人との関係によって出す必要性があるかないか異なってきます。
身内である、配偶者の祖父母に関しては同居しているかどうかで出す出さないの差を付けます。

つづきはこちら

喪中はがきを貰ったときのマナーとして寒中見舞いやお返事を書くのは正しいことです。
年賀状を送るのは非礼にあたると思っている方が多いですが実際にはそんなことはありません。

つづきはこちら

喪中はがきは夫婦連名でも出せます。
新年の挨拶を遠慮するという旨を示すはがきですから年賀状を連名で出していたのなら連名でいいです。
文面についても特に大きな変化はありません。

つづきはこちら

喪中ハガキを受け取ったら喪中見舞いのお返事の手紙を出すということが近年増えています。
挨拶を頂いたお礼や慰めと励まし、年賀状の辞退などを記載します。
最近では品物を送ることも多いです。

つづきはこちら

喪中はがきを出す親族の範囲としては一般的に2親等までと言われています。
1親等は自分の両親や子供であり、2親等は自分の兄弟や祖父母、孫などに当たります。
時代や地域のよっても異なることもあります。

つづきはこちら

時間がないのに手書きで宛て名を作成しようとすると、逆に気持ちが込められなくなってしまいます。
喪中はがきというのは、宛て名印刷の部分で悩みすぎることはありません。

つづきはこちら

喪中はがきの書体は、明朝体あるいは行書体がよいでしょう。
ちょっとでも変わったものは使用しないことが無難です。
ゴシック体のようなものでも、装飾が少ないタイプであれば使用できなくはありません。

つづきはこちら

喪中はがきは受け取った相手に失礼にあたらないよう、マナーや礼儀があります。
喪中はがきで使ってはいけない、ストレートな表現や2回目を連想させるような忌み言葉を知っておきましょう。

つづきはこちら

喪中はがきのマナーのひとつにはがきを出す時期があります。
正しい時期は送る相手が年賀状を購入する前に届くようにするのが好ましいです。
遅くとも、年賀状受付開始日前に届くように出します。

つづきはこちら

喪中はがきにはマナーがあり、相手に対する気遣いが大切です。
薄墨は亡くなった人への気遣いであるならば、喪中はがきを届ける郵便局に対しても読み取りやすい文字色にする気遣いが必要です。

つづきはこちら

寒中見舞いは、寒さが厳しい時期に相手を気遣って出す季節の挨拶状ですが、年賀状を送ることができなかったり、急遽喪中になった場合に、年始の挨拶として送ることがあります。

つづきはこちら

喪中はがきにもカラーデザインを使用しても問題ないですが、カラフルな色は避けましょう。
カラーを入れるのであれば、落ち着いた風合いを感じさせるカラーデザインが望ましいです。

つづきはこちら

喪中はがきには多くの文章が書かれていますが基本的にはテンプレートのまま使用できます。
日付はそれぞれ異なるため、修正が必要です。
投函の日付は必要ですが、年と月の記入でも問題ないです。

つづきはこちら

近親者が亡くなった際に新年の挨拶が出来ないことを伝える喪中はがきですが、様々なマナーがあります。
喪中の案内、日付などを書きますが、故人が亡くなった際の年齢も記入することになります。

つづきはこちら

故人の生前の趣味や職業にちなんだデザインや文章を入れ、故人を思い出し、親しみが湧くような個性的な喪中はがきが最近多くなっています。
不謹慎にならない程度のデザインなので好感が持てます。

つづきはこちら

亡くなった人が複数人いた時、どのように書けば良いのか悩む人もいるでしょう。
故人の名前を喪中はがきに書かない方法と、一枚のはがきに個人の名前を連名で書くという方法があります。

つづきはこちら

年賀状のご注文はこちら>>