2018戌年年賀状・年賀はがき印刷写真年賀状・年賀はがき・喪中はがきならネットスクウェア

ご利用可能なクレジットカード

HOME > 喪中はがき > 喪中はがきについて > 喪中はがきの切手のマナー

喪中はがきについて

喪中はがきの切手のマナー

喪中はがきには喪中用の切手を

はがきを郵送するときの料金は、切手という形ではがきに貼付しますが、官製はがきははがき自体に送料が含まれているので、切手を貼付する必要がありません。
どんなはがきでも郵送に必要な分の料金が支払われていれば、宛先に書かれている住所に届けることが可能です。
しかし、喪中はがきに関しては、何でもよいというわけにはいきません。
喪中はがきには喪中はがきにふさわしい、弔事用の切手があるからです。
若い人同士の親しい間柄なら、ひと言断れば官製はがきを使用しても問題ない場合もありますが、年配の方や仕事関係の相手の場合は、私製はがきに弔事用の切手を貼付して送らないと、常識を疑われてしまうことがあります。
誤って官製はがきや通常の切手で送ってしまわないように、喪中はがきはすべて弔事用の切手を使用するのが無難です。

たかが切手、されど切手

弔事用の切手だからといって、通常の切手と金額が違ったり、決まった大きさがあったりするわけではなく、単純に柄が違うというだけの話です。
それでも弔事用切手が良しとされるのは、まだ悲しみの中にあるにもかかわらず、切手を貼る労力を惜しまずに不幸を知らせるていねいさを美徳としているからです。
それに、弔事用のはがきに通常販売されている普通切手以外の記念切手や、年賀状のお年玉くじでもらった切手などはふさわしくありません。
記念切手や企画ものの切手の中にはシックな図案もあるかもしれませんが、キャラクターものの切手などは論外です。
また、お年玉切手はおめでたいイメージがありますし、多くの記念切手は何かを祝う意味で作られたものですから、喪中とはかけ離れています。
仮に弔事用切手が用意できない場合でも、せめて普通切手を貼付するように心がけましょう。
弔事用切手は、郵便局以外では一部のコンビニでも取り扱っているようですが、不祝儀袋と同様に買い置きすべきものではないので注意してください。

一覧に戻る»

このページの先頭へ