2018戌年年賀状・年賀はがき印刷写真年賀状・年賀はがき・喪中はがきならネットスクウェア

ご利用可能なクレジットカード

HOME > 喪中はがき > 喪中はがきについて > 喪中はがきの差出人は夫婦連名?その時の続柄は?

喪中はがきについて

喪中はがきの差出人は夫婦連名?その時の続柄は?

差出人は夫婦連名でもよい?

喪中はがきを出すときに悩んでしまうのが、夫婦の連名で出してもいいのかどうかということではないでしょうか。
これは意外に知らない人が多いのですが、基本的に喪中はがきは「現在は喪に服しているため、新年の挨拶となる年賀状を出せません」と通知する意味を持っています。
そのため、差出人の名前は年賀状を送るときと同様にするべきなのです。
つまり、これまで夫婦連名で年賀状を出していたのなら、喪中はがきの場合も同じように夫婦の連名で出すのが正しいということになります。
夫婦連名で喪中はがきを出すときの文面は、どのようにすればいいのかということについては、一般的な定型文に従えばよいので、それほど難しいことではありません。
年賀やお慶びといった言葉を使うのはマナー違反となり、句読点を使わないというのもマナーとなりますから覚えておきましょう。
基本的に夫婦連名で出すときもそうでないときも、喪中はがきの文面が大きく変わることはありません。
喪中であるため新年の挨拶ができないということ、誰がいつ亡くなったか、故人が生前お世話になったことへのお礼に加え、「来年もよろしくお願いします」という文言を添えて記すのが基本です。

「続柄」はどうなってしまうのか

故人との続柄の表記も、しばしば悩んでしまう部分です。 夫婦連名での喪中はがきの場合、妻の母親が亡くなった場合では、続柄を義母とするのか、それとも母とするのか悩んでしまいます。
一般的には、連名の筆頭者から見た関係で、故人との続柄を記すことになります。
夫の母親が亡くなったときには「母」となりますし、妻の母親の場合は、夫から見ると義理の母ですから、義母と記すことになります。
ただ、夫婦連名で出す場合は、妻の名前も記載されているわけですから、少々違和感のある場合もあるので、ここはやはり「母」としておいたほうが良いでしょう。
あるいは、正確を期す必要がある場合は、「○○子実母」「○○子の母 ××」といった但し書きを入れる場合もあります。

一覧に戻る»

このページの先頭へ