2018戌年年賀状・年賀はがき印刷写真年賀状・年賀はがき・喪中はがきならネットスクウェア

ご利用可能なクレジットカード

HOME > 喪中はがき > 喪中はがきについて > 喪中はがきはいつまでに出せばいいの?

喪中はがきについて

喪中はがきはいつまでに出せばいいの?

身内に不幸があった時には

正月にむけて用意するもののひとつに年賀状がありますが、
身内に不幸があった場合は祝いを避けるのが昔から続いてきている習わしです。
そのため、喪中はがきを例年から年賀状をやり取りしている相手に送るのですが、
この時に注意が必要となってくるのです。
そもそも喪中はがきというのは正式には「年賀欠礼の挨拶状」といって、
新年の挨拶を欠くことを知らせる挨拶状になるのです。
それゆえ相手も礼儀として出すことをやめるので、
分かりやすく言えば相手が準備を始める前に届くことが求められるのです。
いつまでに送るかといえば、年末ぎりぎりというのは意味がなく、
実は年内ならいつ送っても問題ではないのです。
それでも早すぎると記憶に残らないこともあるので、
一般的には11月中旬から12月上旬に届くように送るのがいいと考えられています。
遅くとも12月15日が最終期限と考えておくのがよく、
できればその前がマナーとして求められるのです。

不幸が年末にあった場合

しかし、人が亡くなる日は分からないものです。
年末を避けて喪中はがきを準備すればよいことは分かっていても、
12月に入ってから、あるいは年の瀬に亡くなるということも当然あり得ます。
そのような場合は、通常の喪中はがきの手配スケジュールは当てはまりません。
そういった時は事前に送るのではなく、
年賀状の返信として、もしくは寒中見舞いとして連絡するのがいいのです。
こちらに関してはいつまでといった期間はありませんが、
遅くなりすぎないのが一般常識として求められるのです。
では喪中はがきをいつまでに用意すればいいのかといえば、
はがきの準備だけならいつでも可能ですので、なるべく早めに着手しましょう。
年末が近づくと予約で印刷所が混み合うので、早めの準備がいいのです。
文面は一般的なものでよいのですが、近しい人には一言書き添えておくとよく、
そういった細やかな心遣いが求められるのです。
そして期限内に出すことを忘れないようにすることが大切です。

一覧に戻る»

このページの先頭へ