2018戌年年賀状・年賀はがき印刷写真年賀状・年賀はがき・喪中はがきならネットスクウェア

ご利用可能なクレジットカード

HOME > 喪中はがき > 喪中はがきについて > 喪中はがきの無難なデザイン

喪中はがきについて

喪中はがきの無難なデザイン

喪中である事実を伝える喪中はがき

喪中はがきは、身内が亡くなって喪に服していることを知人に伝えるという役割を持っています。
喪に服している期間は、「こうするべき」というマナーも多くあるので、喪中はがきを用意する際にはどのようなデザインが相手に不快感を与えず、喪中の通知に適しているのかなどで悩むこともあるかもしれません。
喪中はがきを選ぶときは、できるだけシンプルで、派手すぎるデザインは控えた方が良いでしょう。
しかし、通常の喪中はがきでは雰囲気が暗すぎているように感じられ、それが嫌だという人もいるものです。
中には、身内が亡くなったのが春だったということで、故人と親しかった人へのはがきには、あえてデザインに桜の花をあしらうというケースもあるようです。
こういったアイデアは、誰にでも使用できるわけではありませんが、他の人に送るはがきは蓮の花に変えるなどといった工夫をすれば解決できます。
このように、送る相手によってデザインを変えるという工夫は、多少の手間はかかりますが検討する価値があるでしょう。

文面のデザインにも注意しよう

喪中はがきのデザインは、絵や色への配慮も大切ですが、ほかにも気をつけるべきマナーがあります。
それは文面のデザインです。
喪中はがきの場合、季節を表す時候の挨拶や、拝啓・敬具などといった結語などは要りません。
また文面は縦書きで、句読点を使う必要もありません。
文面のデザインは、こういった基本をおさえたものなら無難ということになります。
喪中はがきは故人が亡くなったことを伝えるものなので、マナーを守ったものを送りたいと思うのが一般的でしょう。
喪中はがきであまりにも冒険したデザインを選んでしまうと、相手に不快感や違和感を与えることになるかもしれません。
最低限のマナーを守り、礼節のあるデザインを選ぶことが、喪中はがきで最も大切であることを覚えておきましょう。

一覧に戻る»

このページの先頭へ