2018戌年年賀状・年賀はがき印刷写真年賀状・年賀はがき・喪中はがきならネットスクウェア

ご利用可能なクレジットカード

HOME > 喪中はがき > 喪中はがきについて > 喪中はがきの文例

喪中はがきについて

喪中はがきの文例

喪中期間のマナー

近親者がなくなったとき、一定の期間、喪に服し故人の死を悼みます。
喪中はお祝い事をさけて、華やかな場に出席することも控えるなど、
気をつけなければならないマナーがあります。
神道では死は穢れがあると考えられており、
身内の死を他の人に波及しないようにするためと考えられています。
その風習が現代まで受け継がれており、
1年間の喪中期間は故人を偲びお祝い行事は避けるという慣習がありますから、
初詣やお正月のお祝いは控えます。
喪に服す範囲は故人を中心として一親等である両親、配偶者、子、
二親等である兄弟姉妹、祖父母、孫となっています。
最近では同居、別居でわけることもあります。
またビジネスとプライベートでわけることもあります。
喪中の期間は年賀状は出さないのがマナーです。
喪中はがきは正式には年賀欠礼状と言われ、
新年の挨拶ができないことをお詫びするために書くものです。
喪中はがきの発送時期は先方が年賀状を用意する前に出すことがマナーですから、
11月中か12月初旬には届くように準備します。

喪中はがきの書き方

喪中はがきの書き方は、
「喪中につき年末年始のご挨拶を挨拶を失礼させていただきます」というように、
最初に喪中であることの挨拶文を書きます。
さまざまな文例があるので参考にして書くとよいでしょう。
誰がいつ、何歳で亡くなったかを伝えるため、
亡くなった方との続柄と名前、年齢と日付も書きます。
故人が生前お世話になったお礼や、
挨拶を書き新しい年のおつきあいをお願いする文章も書きます。
最後に日付と住所、氏名を書きます。
日付は西暦は使わず、氏名は連名で書いても構いません。
喪中はがきはいろいろな文例があります。
最近はパソコンを利用して簡単に作ることもできます。
仕事や会社関係の人には喪中はがきを出さず、
友人や知人にだけ出すという考え方もあります。
ビジネス用、友人、知人用と文例が分かれているので参考するとよいでしょう。
喪中はがきにのせる故人の年齢は数え年で書きますが、
最近は満年齢で書くことも多くなりました。
切手は弔辞用の切手を貼ります。

一覧に戻る»

このページの先頭へ