2018戌年年賀状・年賀はがき印刷写真年賀状・年賀はがき・喪中はがきならネットスクウェア

ご利用可能なクレジットカード

HOME > 喪中はがき > 喪中はがきについて > 喪中はがきの宛て名は印刷では失礼にあたる?

喪中はがきについて

喪中はがきの宛て名は印刷では失礼にあたる?

宛て名印刷だから失礼とは限らない

家族・親族に不幸があったときは、年賀状を出すのは控えることになります。
このようなときは年賀状のやり取りをしている人に対して、不幸があったことの連絡をしなければなりません。

何もしないままで過ごしていると、それまで年賀状のやり取りをしていた人から年賀状が送られてきてしまいます。
連絡をする方法としては喪中はがきを出すのが一般的なので、早い段階で準備を進めていく必要があります。

たいていの人にとって喪中はがきを出す機会はそれほど多くないため、いざ作成しようとすると、本文に何を記載すればよいのかが分からず、悩んでしまうことになります。

宛て名をどうすればよいのかについても、同様に悩んでしまうことが多いです。
宛て名を手書きで作成するのか、印刷で済ませるのかという点も問題になります。

宛て名印刷で済ませてしまうのは失礼に当たると考えている人も多いですが、手書きにせずに宛て名印刷をしたからといって、直ちに失礼になってしまうということはありません。喪中はがきを用意する時間的余裕が十分にない場合は、宛て名印刷でも問題ないのです。

気持ちを込めることが大切

宛て名印刷が失礼ではないからといって、適当な気持ちで大量に印刷するのは好ましくありません。
手書きであっても宛て名印刷であっても、しっかりと気持ちを込めて作成するのは基本です。
気持ちが込められていれば、喪中はがきを受け取った人には伝わります。

喪中の状態になってしまった人は、言うまでもなく多くのことをしなければならない状況になるため、非常に忙しい日々を送ることになります。
喪中はがきを受け取った人も、その忙しさは十分に分かっています。
忙しい中で無理をして手書きの宛て名を作成することは、受け取る側としても求めていないのです。

時間がないのに手書きで宛て名を作成しようとすると、どうしても文字が雑になってしまうなど、逆に気持ちが込められなくなってしまいます。
そのような状態になってしまうくらいなら、最初から宛て名印刷のサービスを利用して、見やすい宛て名にした方が良いのは明らかです。

喪中はがきというのは、相手に喪中であることがきちんと伝わればよいので、宛て名印刷の部分で悩みすぎることはありません。

一覧に戻る»

このページの先頭へ