2018戌年年賀状・年賀はがき印刷写真年賀状・年賀はがき・喪中はがきならネットスクウェア

ご利用可能なクレジットカード

HOME > 喪中はがき > 喪中はがきについて > 喪中はがきの添え書きはマナー違反

喪中はがきについて

喪中はがきの添え書きはマナー違反

添え書きすべてがマナー違反ではない

年賀状をもらうとき、印刷されたデザインだけではなく何か一言添え書きがしてあるとうれしくなるものです。
年賀状でなくても、何かのはがきを送ったり貰ったりする際にかかれる一言には相手を思いやる優しい心が垣間見えるものです。
ところが、喪中はがきに関しては添え書きの必要性は全くありません。
形式的な文字だけでは何か物足りないと思う気持ちがあるかもしれませんが、そこはぐっとこらえてそのままのシンプルな文面で投函するようにしましょう。
とはいえ喪中はがきの添え書きはすべてが悪、というわけでもありません。
添え書きすべてがマナー違反だと思われている節もありますが、正しくは年賀欠礼には弔事に関係すること以外は書かないのがマナーです。
実際は年賀欠礼の固定文だけで十分伝えたいことは伝わっており、単純にそれ以上に書き添えても蛇足になるため、喪中はがきの添え書きはマナー違反だと認識されているだけです。
弔事に関係する添え書きはマナー違反ではありませんが、書く内容によっては相手にも故人にも失礼にあたるため、避けたほうが無難であることは間違いありません。

マナーの範疇である添え書きとは

喪中はがきの添え書き自体がマナー違反でないとしても、添える相手は選ぶべきでしょう。
親しい間柄や親戚、とてもお世話になり定型文だけではお礼の気持ちが収まらない相手などは添え書きをしてもかまいません。
ただし、結婚・出産や引っ越しなど、おめでたい近況報告はNGです。
また、「今度飲みに行きましょう」や「旅行楽しみですね」など、故人を偲ぶ気持ちが感じられない添え書きもふさわしくありません。
「法要へのご出席有難うございました」など、葬式や法事を振り返ってのお礼や、故人との思い出を振り返る一言を添える程度なら適しています。
喪中はがきはあくまでも年賀欠礼であることを忘れずに添え書きすることも大切です。
たくさん書き綴りたいという人は、喪中はがきではなく寒中見舞いなど別の機会に近況報告や思い出を綴るようにしましょう。

一覧に戻る»

このページの先頭へ