2018戌年年賀状・年賀はがき印刷写真年賀状・年賀はがき・喪中はがきならネットスクウェア

ご利用可能なクレジットカード

HOME > 喪中はがき > 喪中はがきについて > 喪中はがきを出す/出さないの範囲の目安は?

喪中はがきについて

喪中はがきを出す/出さないの範囲の目安は?

喪中はがきはどの範囲までだせばよいのか

皆さんは喪中はがきを出したことがあるでしょうか。
喪中はがきは、一年以内に近親者に不幸があった場合に、故人に対する生前の厚誼への感謝を示すことと、「喪に服していますので、慶びの年始挨拶や年賀状を送ることを控えさせていただきます」という年賀欠礼の意思を、あらかじめ年賀状を頂きそうな相手に対して知らせる、いわゆる挨拶状のようなものです。

元々は宗教的な色合いの強い儀礼としての意味合いを持っていましたが、最近では故人への愛情や感謝の気持ち、故人を失った悲しみの気持ちを表現するものとしての側面が強くなってきたように感じられます。

しかしながら、この喪中はがきですが、故人が自分自身とどのような関係にあったかによって、はがきを出すか否かが分かれるところです。
いったいどこまでの親族の範囲で、この喪中はがきを出せばよいのでしょうか。
また、それに当たって気をつけなければならないことは何なのでしょうか。
いざという時に困らないように、次にそれらについて詳しく解説していきます。

喪中はがきを出す親族の範囲

年末年始頃、そろそろ年賀状の準備を始めようかと考える頃、年賀のあいさつを辞退する申し出を示した喪中はがきが届くことがあります。
故人の近親者から来るこのはがきが喪中はがき、あるいは年賀上欠礼はがきと呼ばれるものです。

このはがきを出す親族の範囲としては一般的に2親等までと言われています。
1親等は自分の両親や子供であり、2親等は自分の兄弟や祖父母、孫などに当たります。
時代や地域のよっても異なることがあるようですが、一般的な定義は2親等までとされています。
つまり、3親等である親の兄弟や、姪や甥、曽祖父母、曽孫に関しては、基本的に喪中はがきは出しませんが、交流が深かった方などの場合は、はがきを出すこともあります。

また、本人が結婚している場合、その配偶者側の家族である2親等以内も、はがきを出す範囲になってきます。
喪中はがきを出す相手側に関して言えば、通常のように年賀状をやりとりする相手であれば、特に指定はありません。
故人とは特に関係のない方や仕事上の上司や同僚など、すべてが対象となるので注意しましょう。

一覧に戻る»

このページの先頭へ