2018戌年年賀状・年賀はがき印刷写真年賀状・年賀はがき・喪中はがきならネットスクウェア

ご利用可能なクレジットカード

HOME > 喪中はがき > 喪中はがきについて > 喪中はがきの印刷業者の選び方

喪中はがきについて

喪中はがきの印刷業者の選び方

喪中で大変なはがき作成

身内が亡くなった後の喪中期間に、必ずやらなくてはならないことがあります。
その一つが、喪中はがきの作成です。
服喪期間は、新年の挨拶である年賀状などのやりとりは慎むべきであるとされています。
そのため、身内が亡くなったことを、年が明ける前に喪中はがきでお知らせする必要があります。
しかし、付き合いがあるすべての知人に送らなければならない喪中はがきの作成は、非常に手間がかかる作業です。
手書きでは非常に手間がかかりますし、印刷するにしても送り先の住所登録などが必要になるため、とても大変です。
そのため、はがき作成にかかる手間はなるべく省きたいと思っている方も多いはずです。
そんな時におすすめなのが、喪中はがきを作成してくれる業者に依頼するという方法です。

業者に依頼するメリットと選び方

業者に喪中はがき作成を依頼する場合は、好みのデザインを選ぶことができます。
パソコンやプリンタがない家庭でも、業者に依頼することできちんとした喪中はがきが作れるのは大変便利なのではないでしょうか。
また、必要に応じて宛名印刷にも対応してもらうことが出来るので、後は発送するだけで良いのもありがたいことです。
業者を選ぶ場合は、まず提示された料金に印刷代や切手代が含まれているかどうかを確認することが大切です。
業者によっては提示価格が印刷代のみで、切手代などが別途かかる場合もあるので、そういった点も事前に確かめながら、数社で比較してみると良いでしょう。
また、業者によって、どこまで印刷を行うのかが異なります。
なるべく手間を省きたい場合であれば、宛名印刷まで対応してくれるところを選ぶのが賢明です。
さらに、業者によって用意されているデザインパターンの種類も異なります。
デザイン数がより豊富な業者の方が、自分の好みのイメージに近いデザインを見つけやすいので、業者を選ぶ際はそういった点にも着目して検討しましょう。

一覧に戻る»

このページの先頭へ