2022寅年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

喪中はがきについて

喪中の挨拶をメールで済ますのはNG?

年末近くに親族が亡くなった場合

家族や近い親族が亡くなったときは年末に喪中はがきを出すのが常識となっていますが、もし年末近くに親族が亡くなってしまった場合、喪中はがきを用意する時間がなかったり、心境的にそれどころではないこともあるでしょう。
その時に思い浮かぶのは喪中であることをメールで連絡するということではないでしょうか。
しかし、メールで連絡するのはマナー違反ではないのかは気になるところです。
この記事では、喪中の連絡をメールで済ませることについて、一般的にはどう思われているのか、またそのマナーについて教えます。

喪中はがきとは?

喪中はがきを出すときのマナーについて知る前にまず、喪中はがきを出す理由について説明します。
歴史をさかのぼってみると、朝廷に仕える役人たちが自分の家族に不幸があった場合、その穢れ(けがれ)が他の人に移らないように家に閉じこもり、朝廷へ年始の挨拶にいけないことを知らせる欠礼を出したことが始まりのようです。
これが現在の喪中はがきになりました。
現代では死を穢れとする考え方はあまりないようですが、年始の挨拶である年賀状を出すことも受け取ることもできないという知らせをするという目的で喪中はがきの風習は残っています。

喪中はがきをメールで出すのはOK?

最近では年始の挨拶をメールやLINEなどのSNSを通してメッセージを送ることで済ます人が増えています。
メールやSNS用の年賀はがき風画像作成ツールやスタンプも無料で配布されているので活用している人も多いと思います。
喪中はがきは今まで年賀状のやり取りをしていた人に、今年は年賀状のやり取りができないということを知らせるものなので、喪中の連絡もメールで良いのではと考える人もいるでしょう。
しかし、現在のところはまだ喪中はがきは郵便はがきで出すのが主流なようです。
親しい友人で相手が礼儀や風習にこだわらない人であればメールでの連絡も良いかもしれません。
仕事関係の場合、メールでの連絡は非常識と思われる場合も。
郵便はがきで喪中の連絡をした方が無難でしょう。

喪中はがきをメールで送る場合の文例

喪中の連絡を友人にメールで連絡する場合の文例を紹介します。

○○さん(ちゃん)、(自分の名前)です。
今年の○月に(親族の続柄)が他界したため、年始の挨拶を控えさせてもらいます。
来年もどうぞよろしくお願いします。
それでは、良いお年をお迎えください。
返信は不要です。

ポイントは軽い文章にならないために、顔文字、絵文字、スタンプは使用しないこと、また相手に気を使わせないために「返信不要」と書き添えることです。

喪中に年賀メールを受け取った場合の対応は?

喪中であることを連絡することができなかったり、行き違いで年賀メールが送られてくることもあります。
気分的には年賀メールに返信する気分ではないかもしれませんが、相手の気持ちを考えるとすぐに返信するのが良いでしょう。
返信する場合は賀詞は使わず、「昨年中はお世話になりました。今年もよろしくお願いします。」などの返信にとどめます。

喪中メールの返信不要にはどう対応する?

喪中メールが送られてくる場合、「返信不要」と書き添えられていることがあります。
これは絶対に返信してはいけないということではなく、「必要」ではないという意味なので、励ましの言葉などをかけたい場合は返信しても大丈夫です。
ただ喪中メールを送った人にはたくさんの返信がくるので読むのにも時間がかかります。
そのため、あまり長い文章は避けた方が良いでしょう。

まとめ

今はまだ喪中はがきは郵便はがきで出すことが一般常識になっています。
しかし、年賀状を郵便はがきで出す人が少なくなっているように、今後は喪中はがきもメールやSNSを通して連絡することが一般化してくるかもしれませんね。

喪中はがきのご注文はこちら>>

喪中はがきのご注文はこちら>>