2022寅年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

喪中はがきについて

喪中はがきはいつ出すのがベストなのか?

突然の事態に備えて

人生のうちで喪中はがきを送付する機会はそう頻繁にあるわけではありません。
そのため、喪中はがきのルールやマナーを知り尽くしている人は少ないのではないでしょうか? しかし、親族の不幸は突然やって来るもので、それが年末に近づいた頃に起こる可能性もあります。
そのような場合に焦らずに対応するためにも、今から喪中はがきの常識について勉強しておきましょう。

喪中はがきはいつまでに送るべき?

まずは喪中はがきを送る時期について説明します。
この時期を間違うと、普段年賀状のやり取りをしている人に気まずい思いをさせたり、迷惑がかかることもあるので注意が必要です。
喪中はがきを送るタイミングですが、はっきり何日までと決まっているわけではありません。
最大のポイントは、「送り先の相手が年賀状を用意し始めるより少し前に喪中はがきを出す」ということ。
喪中はがきを出す時期が遅すぎると、すでに年賀状を作成してしまっているかもしれません。
反対に早すぎると喪中はがきを受け取ったことを忘れて、年賀状を送ってしまうかもしれません。
それでは、年賀状を用意し始める時期とはいつなのでしょうか。
年賀状を元旦までに届けたい場合、12月15日から12月25日までにポストに投函しなければならないので、早い人で11月中旬頃から、一般的には12月初旬頃から年賀状の用意を始めます。
そのため、喪中はがきは11月の中旬から12月の15日以前に届くように出すのが理想です。
親族の不幸が上記の時期を超えてから起こった場合は以下の方法があります。
1. 年末までの間になるべく早く喪中はがきを出す 2. 年末に近い場合は、喪中はがきの代わりに寒中見舞いで親族に不幸があったことを連絡する 寒中見舞いを出す場合は、1月7日から2月4日の間に出すようにしましょう。

喪中見舞いの作成は早めに始めると費用が抑えられる

喪中見舞いを業者に頼む場合は、早めの時期に注文を済ませることをおすすめします。
なぜなら、早期注文することによって割引を受けることが出来るからです。
業者によっては10月中に注文すると60%の割引を行なってくれるところもありますよ。
年末は何かと忙しい時期なので、早めに作っておくことで心にも余裕が生まれますね。

喪中はがきは誰に送るべき?

喪中はがきを送る基本的な意味は、「年賀状を送ることができない」ということを先方に伝えるということ。
そのため、喪中はがきは普段年賀状のやり取りをしている人や、今年年賀状を出そうと思っていた人に出すのが一般的です。
故人が亡くなったことを知らせるものではないので、年賀状を出し合う関係ではない人に送るのは控えましょう。
ただ、先方が仕事先の場合は必ずしも喪中はがきを出す必要はないようです。
先方に余計な気を使わせないためや、公私を分けるという意味で、喪中であっても仕事先には通常通り年賀状を送るという人も多くいます。

喪中はがきを先に受け取った場合はどうする?

喪中はがきを送る予定だった相手から、先に喪中はがきが送られてきた場合でも通常通り喪中はがきを出しましょう。
喪中はがきは年賀はがきを送ることができないことや、受け取ることができないことを連絡するもの。
喪中はがきは年賀状ではないので、喪中の相手に送っても失礼に当たりません。
その場合は、相手の親族の不幸に対するお悔やみの言葉を一言添えるとさらに良いでしょう。

まとめ

喪中はがきのマナーや送付の最適な時期について説明しました。
一番無難な喪中はがきの送付時期は11月中旬頃。
そのため、喪中はがきの準備は10月頃から始めるのが良いでしょう。
業者に頼む場合は早期割引もあって一石二鳥なので、ぜひ実行してみてくださいね。

喪中はがきのご注文はこちら>>

喪中はがきのご注文はこちら>>