2018戌年写真入り年賀状・年賀はがき印刷ネットスクウェア

ご利用可能なクレジットカード

HOME > 年賀状について

年賀状について

年賀状は、新年の挨拶を交わすだけでなく、自分や家族の近況を知らせ合ったり、交流のきっかけを作ったりと、いろいろな役割を果たしています。
年明けの郵便ポストに年賀状の束が入っていると、新年の改まった気持ちと共に友人や知人一人ひとりの顔や声が思い浮かんで、誰でも心が温かくなるものです。
年賀状のやりとりは日本の伝統文化にも匹敵する習慣ですが、送るときのマナーを守ってこそ、新年を互いに寿ぐ気持ちが生まれます。
そして年賀状作りでは、字が下手でも、絵が苦手でも、気にする必要はまったくありません。
心をこめて作ったオリジナルデザインの年賀状は、受け取った人を幸せのパワーで包み、楽しい一年の幕開けを約束してくれるからです。

近年、年賀状を通じて結婚報告をする方が増えています。こうした結婚報告を兼ねた年賀状は、結婚式を欠席された方に報告ができたり、新住所を伝えられたり、多くのメリットを持っています。

・・・つづきはこちら

私たちは子供が生まれると、その成長を様々な形で記録し残します。写真やビデオなどその方法には様々なものがありますが、このように記録した子供の成長を年賀状にしてみてはいかがでしょう?

・・・つづきはこちら

マーケティングや営業の王道といわれるダイレクトメール。インターネットが普及した現在、古典的な方法と思われがちですが、使い方によっては意外な効果を上げる事ができるものなのです。

・・・つづきはこちら

過去に取引のあった企業担当者や恩師など目上の人へ出す年賀状には、ビジネスマナーに注意しましょう。例えば、目上の人に出す場合は簡略化した賀詞は使わない、句読点は使わない等です。

・・・つづきはこちら

冠婚葬祭で悩むのが喪中はがき(年賀欠礼挨拶状)のマナーです。「縦書きで句読点を入れない、ご自分の住所は小さめに記入する、黒色の墨やインクを使う」などマナーには十分注意しましょう。

・・・つづきはこちら

年賀状に有名なキャラクターを使用している人は多いですが、著作権違反にならないのでしょうか?また、有名人の写真も年賀状に使用して良いのでしょうか?など、年賀状の著作権についてです。

・・・つづきはこちら

年賀状裏面の「迎春」などの言葉を賀詞(がし)といい、賀詞に後に続く挨拶文を添え書きといいます。年賀状のマナーをふまえた、おススメの賀詞・添え書きなど文例を紹介しています。

・・・つづきはこちら

干支(えと)は十干十二支の略で、これら二つの要素を組み合わせることで60種類の数詞となります。年や方角などに用いられ、現在でも占いなどに活用されていられています。

・・・つづきはこちら

はがきがまだ存在していない時代では、和紙に言葉を認めてそれを封筒に入れて送るのが一般的でしたが、はがきが定着すると同時に年賀状は全て現在の形式に移行していきます。

・・・つづきはこちら

送る相手によって年賀状の書き方は変わってきます。例えば職場の上司、または恩師や先輩などの目上の人や、取引先に送る場合はどのような点に気をつけて書けば良いのでしょうか?

・・・つづきはこちら

年賀状はつい同様の言葉を並べてしまいがちですが、職場関係や親戚、恩師への新年の挨拶として上手に活用しませんか?さらに有効期限についても気を付けておきたいところです。

・・・つづきはこちら

はがきは様々なシーンで活躍していますが、特に年賀状はビジネスツールとしても広がりを見せています。手書きの年賀状を取引先に送れば新たな話題作りになることは間違いありません。

・・・つづきはこちら

引っ越しをすればすぐにでも新住所を知人に報告したいものですが、新生活が落ち着くまでは何かと忙しいもの。そこで今回は年賀状で引っ越し報告をする方法についてご紹介します。

・・・つづきはこちら

年賀状は日本独自の文化。では、海外では何も送らないのでしょうか?実は、その国ごとに独自の文化があるのです。海外に出す場合はその国の文化や宗教の違いを知る必要があります。

・・・つづきはこちら

年賀はがきに18円分の切手を貼れば、世界中どこの国にも届けることができます。海外には年賀特別郵便制度がないため、届く日にちをよく確認した上で、年明けに届くように送りましょう。

・・・つづきはこちら

郵便局では毎年、年賀郵便切手が発行されています。一枚一枚貼るのは手間ですが、特別な人に限定すれば一味違った演出も可能です。さらに、寄付金をつければお年玉付にすることもできます。

・・・つづきはこちら

使わずに余ってしまった年賀はがきは、郵便局に行けば手数料を支払うことで切手やはがきに交換してもらうことができます。また、未使用はがきを寄付するという活用方法もあります。

・・・つづきはこちら

年賀状を保管する方法として、はがき自体をとっておく他にスキャンしてデータとして保存する方法が挙げられます。また、年賀状を処分する時は個人情報の流出に充分注意を払う必要があります。

・・・つづきはこちら

アメリカやイギリス、オーストラリアなど英語圏に友達や知人がいるなら、あえて昔ながらの和風の年賀状を出してみませんか。ここでは年賀状に使える英語の文例をご紹介します。

・・・つづきはこちら

中国は目覚ましい経済発展を遂げており今後もその勢いは続くと見られています。そのため中国の方との交流も増えてくるでしょう。こちらでは中国語の年賀状の簡単な文例をご紹介します。

・・・つづきはこちら

訪日する外国人のうち韓国の人は一番多く、日本にいても韓国の人と知り合う機会は増えています。韓国の人に年賀状を送る場合、参考になるハングル(韓国語)の簡単な年賀状の文例集です。

・・・つづきはこちら

東京都では海外からの旅行者増加に対応するため、宿泊施設の事業者などを対象として外国人旅行者のおもてなし研修をスタートしました。外国人顧客の獲得にはビジネス年賀状もお勧めです。

・・・つづきはこちら

個人情報が満載で簡単に捨てることのできない年賀状。風水的にお勧めの処分方法をご紹介します。「今年は最高に良い年にしたい」という方はぜひ参考にして運気アップを目指してください。

・・・つづきはこちら

年賀状は新年を迎えるにあたって欠かせない存在です。しかし年賀状にオリジナリティを出したいという方も多いのではないでしょうか。そこでより効果的なのが俳句を添えた年賀状です。

・・・つづきはこちら

年賀状をより魅力的なものにするのが消しゴムはんこです。消しゴムはんこは意外に簡単に作ることができ、様々な場面で使用することができるので、非常に便利なアイテムと言えます。

・・・つづきはこちら

年賀状は新年のご挨拶以外にも近況報告の意味合いがあります。年内に結婚した人は、年賀状を使って結婚報告と挨拶をすると、大勢の人々により効率的に報告することができます。

・・・つづきはこちら

年賀状を手書きで作成しているとつい書き損じをしてしまうことがあると思います。このような場合の年賀はがきは、手数料を負担することで新しい切手やはがきと交換することができます。

・・・つづきはこちら

寒中見舞いは、寒い季節に様子を気遣う慣習にルーツがあります。年賀状とは異なり、季節の挨拶状としての寒中見舞いは、遠方の知人との交流のきっかけになるなど、様々な場面で活用できます。

・・・つづきはこちら

年賀状で使っている文言や漢字の中で、間違いや使ってはいけない表現、マナー違反の漢字などがあります。年賀状は新年の挨拶となるものなので、相手に失礼のないように注意しましょう。

・・・つづきはこちら

もらって嬉しい年賀状についてです。最近はネットで無料ソフトがダウンロードできるため、自分で年賀状を作る人が増加しています。世代を問わずもらって嬉しい年賀状をご紹介します。

・・・つづきはこちら

年齢や性別を問わず「もらって嬉しくない」と感じる年賀状には共通点がありました。年賀状のデザインや文面を考える時、まず受け取る人の気持ちになって作ると良いでしょう。

・・・つづきはこちら

書き損じや未使用の年賀はがきは郵便局に持って行くと1枚5円の手数料で切手やレターパックに換えてもらえますが、手数料を支払わずに年賀はがきを有効活用する方法をご紹介します。

・・・つづきはこちら

喪中はがきを出しても出さなくても、相手が間違えて年賀状を送ってくることがあります。こういった場合どのような対処をするかなど、シチュエーションごとにご紹介します。

・・・つづきはこちら

家族写真は年賀状の作成には欠かせません。しかし家族写真を家庭でも上手く撮るためには、少し工夫を行う必要があります。例えばカメラの付属機能を上手に活用することなどです。

・・・つづきはこちら

誰しも書くことのある年賀状ですが、実はこの年賀状にもマナーがあります。送り先との関係性によって書き方を変えなくては失礼にあたる場合もあるので、十分に注意しましょう。

・・・つづきはこちら

現在の年賀状は印刷で出されることが多いですが、ここに絵を添えることで華やかさが増して受け取った方も喜ぶ内容となることでしょう。ネットスクウェアでは絵手紙を数多くご提供しています。

・・・つづきはこちら

欠礼状は喪に服していることを周囲に伝えるために出すはがきですが、この欠礼状も単に亡くなったことを記載するのでなく、発送時期などのいろいろなマナーを守って出す必要があるのです。

・・・つづきはこちら

家族写真にもう少し工夫したいという場合は、マスキングテープを活用した年賀状を作成してみませんか?テープなので子どもでも安全に使えて、手軽に年賀状を楽しくアレンジできます。

・・・つづきはこちら

年賀状に描かれる縁起の良いイラストとして常識的で一般的なものは、干支をデザインしたものです。他にも七転び八起きのダルマや七福神、宝船なども縁起が良いとされています。

・・・つづきはこちら

年賀状はパソコンで簡単にオリジナリティの高いものを作ることができるようになりました。しかし、どんなに素敵な年賀状でも、もらってうれしいなと思えるのは直筆の一文がある年賀状です。

・・・つづきはこちら

年賀状で年始の挨拶を行う人の方が、メールで済ます人や年賀状自体送らない人と比べて年収や出世に差がつくことをご存知ですか?統計では、その差は140万円前後にもなると出ているのです。

・・・つづきはこちら

ハイテク化が進み、年賀状はパソコンとプリンターを利用して作成される時代になりましたが、しっかりとした内容のものを作成することによって、モテる年賀状を作り出すことが可能になります。

・・・つづきはこちら

もっとお客様を集めたい、とお考えのオーナー様にお勧めなのが、年賀状による販促です。年始はたくさんのチラシが入りますが、年賀状であれば目につきやすく、ユニークなセール方法も可能です。

・・・つづきはこちら

海外に年賀状が送れることを知らない方も多いです。切手を足すのですが、海外に出す方向けのものがあったり、それが結構人気だったりするので年賀状印刷サービスと共にわかりやすく紹介します。

・・・つづきはこちら

最近では、年賀状をネットで注文して印刷したり、様々なデザインから選んで自分独自の年賀状を作る方が増えています。そこで少しコツを知っているとより良い年賀状が作れますのでお教えします。

・・・つづきはこちら

年賀はがきにはいろいろな種類があります。スタンダードなものは、普通タイプのいわゆる手書き用のタイプのものと、インクジェットタイプのものです。この2つが有名ですがこの他にもあります。

・・・つづきはこちら

年賀状の文字の色については、いろいろな種類の色がありますが、よく好まれる使われる色は黒色がスタンダードとなっています。しかし背景のデザインなどからも、文字色を決めることがあります。

・・・つづきはこちら

社会人となったら年賀状はしっかりとルールを学んで文面を考えることも大事です。ネットの年賀状印刷サービスでは添削してくれるところもあるので利用してみるのもよいでしょう。

・・・つづきはこちら

年賀状の出し間違いは、注意していても起こってしまうものです。場合によっては先方に迷惑をかけることもあるので、必要に応じて取戻請求を行いましょう。配達前であれば取り戻してくれます。

・・・つづきはこちら

年賀状を手作りで作成するときに欠かせないのはスタンプでしょう。数えきれないほど多くのラインナップがあり、使い勝手が良いものもたくさんあります。毎年使用できるものを選ぶとお得です。

・・・つづきはこちら

地方版の年賀状はデザインが多種多様で、各地域の特色を的確に表した個性的で楽しいものとなっています。コレクターが収集するほど人気なので、欲しい場合は早めに購入する必要があります。

・・・つづきはこちら

立体的な年賀状も、送ることが可能です。ありきたりなデザインに飽きた人はぜひ試してください。ただし、料金を確認することと、配達途中で立体部分が取れないように気をつけましょう。

・・・つづきはこちら

多くの人は年賀状を12月になってから作成するでしょう。その場合、忙しさの影響もあり思ったデザインに仕上がらないことも多いです。できれば夏くらいには準備を開始したいものです。

・・・つづきはこちら

書き損じの年賀状は郵便局の窓口で手数料を払えば、新しいハガキに交換してもらうことが出来ます。すぐに処分をするよりは、書き損じのハガキをある程度まとめて持ち込むことがおすすめです。

・・・つづきはこちら

ネットで年賀状を送っている人は、年の始めに、楽しみを親しい人たちと分け合える喜びを感じてみませんか。年賀状はアルバムにもなるので、年ごとの変化が分かって楽しくなること請け合いです。

・・・つづきはこちら

どうしても処分に困る年賀状。そもそも風水的にはどうすれば良いのか?その方法と、残しておきたい場合の残し方を紹介します。すっきり片付けて、運気UPにお役立て下さい。

・・・つづきはこちら

年賀状に手書きで何か一言添えたいが、何を書けばいいのか、気の利いた言葉がなかなか思い浮かばないときがあります。気軽に使える一般的な文例をいくつかご紹介しましょう。

・・・つづきはこちら

プロが作ったようなデザインの年賀状を簡単に作ることが出来るソフトが人気で、利用者が増えています。現在は、パソコン環境さえ整っていれば、誰でもハイセンスな年賀状が作れるのです。

・・・つづきはこちら

年賀状を書く場合の筆記用具に、事務的で冷たい印象のあるボールペンは避けるべきだと言われています。毛筆や筆ペンは、筆致や筆圧に表情があり、思いが伝わりやすいのでおすすめです。

・・・つづきはこちら

年賀状はネット印刷で早割を活用すれば、安く印刷できるようになっています。ネットスクウェアならば、デザインや副文や書体が選べ、複数申し込みをすれば、さらに割引料金が適用されます。

・・・つづきはこちら

昨今、若者の間では年賀状を出さない人が増えていますが、その背景としては何があるのか、またこれまで多くの方が出されている年賀状のメリットについて考えていきましょう。

・・・つづきはこちら

企業内定が決まり、その内定先に年賀状を出した方がいいのかどうか悩む方も多いと思います。内定先への年賀状についてや書き場合のポイントなどをお話していきたいと思います。

・・・つづきはこちら

友人へ出す年賀状は、マナーを守りながらも、親しみに満ちた文面で表現しましょう。手書きの一言を、年賀状はがきの余白に書くのも、相手にとっては読んで嬉しいものです。

・・・つづきはこちら

人生で大きな変化があったときが、疎遠になっている親戚に年賀状を出すチャンスです。例えば、結婚や出産といったおめでたいことがあれば、重い腰も意外と軽くあがるかもしれません。

・・・つづきはこちら

「親しき仲にも礼儀あり」、と言うことわざがあるように、年賀状を出す時も最低限のマナーがあります。上司に出す年賀状に、ミスや失礼があっては大変です。マナーを知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

年の初めに受け取る挨拶文は、日本人には古くからの風習であり、楽しみなものです。そんな年賀の挨拶のはがきは、規定以内であれば、少し変わったタイプでも年賀用として送ることができます。

・・・つづきはこちら

年賀状を送るのであれば元旦に届くようにしたいものです。ここでは、いつまでに投函すれば間に合うのか?そのためには、いつまでに年賀状を準備すればいいのか?ということを紹介します。

・・・つづきはこちら

毎年たくさんの年賀状を貰う人は、どんどん溜まっていく年賀状を、どのように処分しようか、迷うと思います。また個人情報の宝庫でもあるのでその取り扱いにも注意が必要となります。

・・・つづきはこちら

出産・赤ちゃんが生まれた場合の年賀状には、赤ちゃんのお披露目も兼ねて写真付きのものを出す方も多いです。スムーズに、可愛く、送る相手に失礼のない年賀状作りを紹介します。

・・・つづきはこちら

申(サル)年には、干支のサルを自分で写真を撮って、年賀状に印刷することもできます。日本国内には、サルの写真撮影できるスポットがあるので、トライしてみるのもよいでしょう。

・・・つづきはこちら

新年の始まりを告げる年賀状。書く際の知識は大丈夫でしょうか。常識やタブーがあり、いつの間にか恥ずかしいことになっている場合があります。一体どんな常識やタブーがあるのでしょうか。

・・・つづきはこちら

新年の挨拶として届く年賀状。マナーとして松の内までに出すとされています。遅れて1月7日以降になった場合や、寒中見舞いを送る際のマナーや知っておく必要があります。

・・・つづきはこちら

好きな芸能人に年賀状を送って終わりではなく、返信を貰える可能性もあります。限られたタレントにはなりますが、抽選や先着順で、お返しのメッセージを受け取るチャンスもあります。

・・・つづきはこちら

転職やその他様々な事情により退職した場合、前職の職場に年賀状を出すべきなのでしょうか。退職時期が年末に近いほど悩んだりもしますが、それについてお話ししていきたいと思います。

・・・つづきはこちら

年賀状を書くにあたり、句読点は入れないのがマナーです。しかし、気心の知れた親しい関係では、そこまで神経質になることもないでしょう。他にも守るべき決め事がいくつもあります。

・・・つづきはこちら

お年玉付き年賀はがきは、発売されるまでに様々な経緯で現在の状況に至っています。宝くじ付き年賀はがきの発案者のプロフィールや、郵便はがきの意外な語源などについてもご紹介します。

・・・つづきはこちら

年賀状で結婚の報告を兼ねる場合は、使用する写真や内容に気をつける必要があります。相手のことを考えて写真を選び、一言添えるときは手書きで相手のことを思った内容にします。

・・・つづきはこちら

近年、インターネットの発達によって年賀状のやり取りが少なくなってきていますが、社会人として上司に送る必要はあり、その際には文面やデザインなど注意が必要となります。

・・・つづきはこちら

ありきたりな新年の挨拶をつづった年賀状作りに飽き飽きしていませんか。その年賀状が今、劇的な面白進化を遂げています。思わず作りたくなる、センス抜群の面白アイディアをご紹介します。

・・・つづきはこちら

年賀状というのは印刷やパソコンソフトの技術が上がった昨今、それでも手書きに勝るものはありません。ただ綺麗に書くために、筆ペンの種類を見極めて相応しいものを選びことが大事です。

・・・つづきはこちら

年賀状など、改まった挨拶をするときには毛筆を使用することがあります。毛筆の書体には様々なものがありますが、最も使用頻度の高い書体といえばやはり楷書が挙げられます。

・・・つづきはこちら

個人事業主や会社を経営しているような際、経理処理で、年賀ハガキ代をどの勘定項目にするべきか迷ってしまうこともあるでしょう。どのような考え方をしたらよいのでしょうか。

・・・つづきはこちら

家族宛や仕事関係者宛に年賀状を書くときには、連名で書いて良いものか、連盟とは違う書き方が必要なのかを理解して書きましょう。家族がある場合は、家族の名前はどうするのかも考えます。

・・・つづきはこちら

官製はがきで年賀状を送ることができます。ご存知でしたか?普通郵便として配送されないために必要ないくつかポイントを押さえておけば、年賀はがきでなくても大丈夫です。

・・・つづきはこちら

赤ちゃんアートは、赤ちゃんの寝相の姿を上から写真を撮り、おもしろく演出します。ママも楽しめます。赤ちゃんのときにしかできない、赤ちゃんアートをぜひ年賀状にして自慢しましょう。

・・・つづきはこちら

意外にも家族写真つきの年賀状は受け取る側から嫌われることが多いので注意が必要。相手がイヤミだととらえないように、ただの家族の集合写真ではなく遊び心を演出してみましょう。

・・・つづきはこちら

家族同然のかわいいペットの写真を年賀状にするのは、実は受け取った相手にとって「よその家族」なので好まれないことがあります。ペットにコスプレをさせると遊び心があって楽しいですね。

・・・つづきはこちら

「賀正」や「迎春」などの賀詞は目上の人に使うと失礼にあたります。2文字の賀詞は省略されている言葉なので、目上の相手に送る年賀状には「謹賀新年」などの4文字熟語を使いましょう。

・・・つづきはこちら

年賀状には間違いやすい表現があります。例えば「新年あけましておめでとうございます」は「新年」と「あけまして」が同じ意味を持っており、意味が重複しているので間違いになってしまいます。

・・・つづきはこちら

最近の年賀状は写真を載せたデザインのものが多く、旅行や子供との記念写真などを使用する人が多いです。非日常に溢れている旅行時の写真は、見ている人も楽しませることができます。

・・・つづきはこちら

年賀状の定番フォントは、毛筆フォントです。裏のデザインだけにこだわらず、宛名を書く表面のフォントも重要です。フォントにも手間をかけることで、印象が良い年賀状をつくることができます。

・・・つづきはこちら

マンネリ化した年賀状から脱出する方法のひとつとして、挨拶言葉を英文に変えたり、フレーズを変えてみてはいかがでしょうか。その際は、正しい言葉を年賀状に使用しましょう。

・・・つづきはこちら

顧客に年賀状を送る際は、クーポンを添えましょう。販促効果が期待できます。いつも届くDMはゴミ箱に捨ててしまう人が多いですが、年賀状の場合は特別感があるため目を通す人が多いのです。

・・・つづきはこちら

会社の上司にも年賀状を出すと、礼儀を重んじると認識してもらうことも少なくありません。一緒に仕事をして頑張ろう、というような気持ちにさせるような文章は上司に好印象を与えます。

・・・つづきはこちら

年賀状は日本人特有の習慣ですが、いつから年賀状が始まったのか、送る意味を知ることで、面倒に感じている人も年賀状の準備に対する気持ちが少し変わるのではないでしょうか。

・・・つづきはこちら

日本ならではの文化である年賀状を海外の方へ送ってみてはいかがでしょうか。安い料金で、年賀状を送ることができます。宛名の書き方が日本とは異なるため、注意する必要があります。

・・・つづきはこちら

年賀状を出すのが遅れてしまった場合は1月7日を基準として年賀状か、寒中見舞いかの判断をすることがマナーです。年賀状として出す期間は決まっているため、1月7日の松の内までとなります。

・・・つづきはこちら

年賀状の宛名を記載する場合、縦書きなのか横書きなのか迷うことも少なくありません。そのような場合には、裏面のデザインが横書きであるか縦書きかを意識して統一することがマナーです。

・・・つづきはこちら

大河ドラマなどで認知度が高い戦国武将は、人気があります。戦国武将の出世ぶりにあやかってほしい、などの意味を込めて、戦国武将たちをデザインした年賀状を送ってみてはいかがでしょうか。

・・・つづきはこちら

後輩・部下に送る年賀状は、上司や取引先ほどかしこまらず、威厳を保った年賀状にしたいです。文面を気遣うことで、後輩や部下との距離が縮められるきっかけになるでしょう。

・・・つづきはこちら

最近の年賀状は印刷されているものが多いですが、手書きのものは温かみがあり、印象に残りやすくなるというメリットがあります。手書きで年賀状を書く際は、筆文字がおすすめです。

・・・つづきはこちら

年賀状の作成には年賀状アプリを使ってみてはいかがでしょうか。年賀状アプリでデザインを作成し、あとは印刷するだけです。スマホを持っている人なら、簡単に作成することができます。

・・・つづきはこちら

結婚報告を兼ねた年賀状は、作成の仕方を間違えると失礼にあたることもあります。年賀状を送る相手をリストアップしグループに分け、文章や写真など使いわける必要があります。

・・・つづきはこちら

新しい年のお祝いや挨拶で送る年賀状は、日本人にとって馴染み深いものです。年賀状作成が以前に比べてより手軽となり、手間がかからなくなりました。簡単に年賀状が作成できます。

・・・つづきはこちら

年賀状は、一年に一度コミュニケーションを取ることができる昔から行われている習慣です。年賀状を活用したコミュニケーションの取り方はプライベートでも、そしてビジネスにおいても有効です。

・・・つづきはこちら

差がつくような年賀状を送るために派手なデザインにしているかもしれません。しかし、反対にシンプルなデザインの方が印象に残るかもしれません。送る相手に合わせたデザインにしましょう。

・・・つづきはこちら

年賀状を元旦に間に合わせることができないと、毎年慌ててしまっている人も多いのではないでしょうか。時間に余裕を持ってスケジュール管理して、年賀状を出すのがおすすめです。

・・・つづきはこちら

年賀状で離婚報告することに問題はありません。メインの内容にすることは避け、重苦しい内容にならないようにしましょう。新しい住所や旧姓を書くだけで、離婚したことを悟ってくれます。

・・・つづきはこちら

このページの先頭へ