2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > これやっちゃうと嫌われる?結婚報告年賀状の落とし穴

年賀状について

これやっちゃうと嫌われる?結婚報告年賀状の落とし穴

出す相手によって内容を変える?

時期にもよりますが、結婚報告を出しそびれて、
新年の年賀状と兼ねて結婚報告をしようと考えるカップルがいます。
自分たちは幸せであっても、みんなが祝福しているとは限りません。
そのため、まず結婚報告を兼ねた年賀状を出す人をグループに分けて、
内容をグループごとに変えることが大切です。
1つ目は、結婚式に出席してくれた人や、結婚報告をしている人のグループ、
2つ目は結婚式に出席していない、または結婚報告をしていないが仲が良い人のグループ、
3つ目は、結婚式に出席していない、関係が希薄な人のグループに分けます。
1つ目のグループの年賀状は簡単です。
結婚式のリストから選び、結婚式に来てくれたお礼と近況などで、
相手によってはくだけた表現でもかまいません。
2つ目のグループには、結婚の報告と新生活への抱負などを書くとよいです。
3つ目のグループは、一般的な新年の挨拶と、結婚については簡単に1行程度です。
相手によって、新婚旅行やプライベートな話を、手書きでさらっと入れます。

写真を選ぶ際には注意する

写真選びにも注意が必要です。
グループごとに写真を変えて年賀状を作ることも検討する必要があります。
結婚式に出席し、結婚の報告をしている人には、一般的な2人の写真が好ましいです。
親戚などに送る場合は、2人だけよりも、家族全員が写った写真だと喜ばれます。
注意することは、結婚式に出席してくれたからといって、
幸せ全開のキスシーンなどラブラブ感満載の写真などは、
もらった人の気持ちを考えて慎みましょう。
結婚式に出席していないが仲が良い人は、結婚の報告も兼ねている年賀状のため、
相手の顔がよくわかる、但しあまり度を越さない写真にします。
結婚式に出席していない人で関係が希薄な人は、
写真を入れずに文章のみのタイプにしますが、
文面は失礼のないよう、相手のことを考えた内容にします。
年賀状を出すことは少なくなっていますが、
結婚という節目には、報告を兼ねて出したいものです。
もらう相手のことを考えた内容や写真で、印象のよい新年の挨拶をしたいものです。

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>