2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > 年賀状の宛名は縦書き?横書き?宛名書きのマナーとは

年賀状について

年賀状の宛名は縦書き?横書き?宛名書きのマナーとは

年賀状の宛名は縦書きか横書きか

はがきや封筒などは、縦書きで書くことが古来よりの風習として正しいものと認識されています。
しかし、最近では横書きのものを目にする機会は、とても多くなっています。
実は、横書きで書いても決してマナー違反ではありません。
裏面は自由にレイアウトしていきます。
レイアウトを実現させていこうとすると、縦書きや横書きにこだわることなく、全体的なイメージを重視して制作していくものです。
裏面のデザインが確定して、縦書きであれば宛名も縦書き、横書きであれば宛名も統一しておけば問題はありません。
裏面が横書きなのに宛名は縦書き、またはその逆となるようなレイアウトは避けていきましょう。
受け取った読み手が、読みやすいように意識していくことが大切なポイントです。
また、宛名を記入する際に迷ってしまうのは、番地などに用いる数字を漢数字とするか算用数字とするかです。
縦書きの場合には漢数字、横書きの場合には算用数字を用いていくことでレイアウト上の統一感も得られますので、覚えておくと便利でしょう。

目上の人に出す場合は縦書きがマナー

日本の文化として正式な書式は縦書きです。
目上の人に出す年賀状の宛名は、縦書きとしておくことがマナーといえます。
つまり、裏面のレイアウトも縦書きとしておく必要があります。
上司や、取引先などビジネス上でのお付き合いのある方、年配の方へ年賀状を出す際には表・裏ともに縦書きのレイアウトとするように心がけていきましょう。
例外としては、裏面が全面写真でレイアウトされるような場合です。
家族写真などを用いることが多いですが、どうしても横書きのレイアウトになってしまうことがあります。
このような場合には、読みやすさを重視した結果として、横書きに宛名を統一してもマナー違反といわれることはないでしょう。
また、親しい相手に出すような場合は、横書きでも問題はありません。
年賀状を出す相手のことをイメージしながら、それぞれに適したレイアウトにて年賀状を制作していきましょう。

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>