2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > 年賀状を送るための住所の聞き方

年賀状について

年賀状を送るための住所の聞き方

年賀状を送りたいけど住所がわからない

会社に勤めていると、上司や同僚に年賀状を送らなくてはと思うこともあるのではないでしょうか。
また、ママ友や何かのサークルでお付き合いがある方々に、年賀状を送りたいと思う時もあるでしょう。
しかし、昨今の個人情報に対する扱いの難しさで、以前のように名簿を作成し、それを配布や公開するということはあまりありません。
また、SNSの普及に伴い、住所を知る機会も減っています。
年賀状を準備する時期になると、アドレス帳に住所が無い相手に対して、どうしたら良いか悩む人も多いのではないでしょうか。
会社の場合、まずは社内の慣習や空気を確認しましょう。
親しい間柄で年賀状のやり取りがされていれば、住所を聞いて送ります。
ママ友やサークルなどのプライベートな付き合いの場合も、雰囲気を確認しておきます。
送ってよさそうであれば、住所を聞いて送りましょう。

上手な住所の聞き方

聞きにくいからと言って、住所を知っている同僚や先輩、あるいはママ友に聞いて送ることは避けましょう。
住所を知らないはずの人からいきなり年賀状が届いたら、相手は自分の住所をどこから入手したのかと、嫌な印象を持ってしまいます。
これではせっかくの好意が、逆に関係を壊してしまうことにもなりかねません。
住所を聞く際には、ご本人に直接、年賀状を送りたいことを伝え、聞きましょう。
日頃からの関係が築けていれば、相手も快く教えてくれます。
滅多に会えない、遠方にいるという場合を除き、望ましくない聞き方は、メールでお伺いすることです。
インターネットやSNSの時代とはいえ、言葉で直接聞く方が相手に対する印象もよくなります。
どうしても対面で聞くことができない場合は、丁寧な説明を添えたメールを送りましょう。
年の初めに目にする年賀状は、受取側が気持ちよく年を始められるよう、配慮することが大切です。
上手に住所を伺い、心がこもった新年のご挨拶となる年賀状にしてください。

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>