2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > 海外に出す年賀状の切手デザイン

年賀状について

海外に出す年賀状の切手デザイン

年賀状は海外にも送れる

年賀状に18円切手を足すと世界中に届けられます。
切手がきっかけで初めて知ったという声もあります。
同じサイズの葉書きも料金は同じです。
海外年賀切手と呼ばれる18円切手のデザインは寿司と天ぷらの2種類があります。
郵便局の受付やHPでのネットでも販売されています。
値段は表示されている通りですが、販売を受付けている期間があるので、
はやめに確認しておくと良いです。
海外に送る時の宛名は横書きが一般的であると言われています。
空いている場所に「AIRMAIL」と「POSTCARD」と書き、切手も横向きに貼ります。
年賀やお年玉くじを消したり切り取ったりする必要はありません。
英語とフランス語または送りたい国の言葉で書くことがすすめられています。
それぞれの文化があるためネットなどで調べてから書くことが望ましいです。
郵便局で年賀状というと年賀状印刷サービスなど葉書きのサービスの利用という
イメージが強い方も多いのでサプライズ感のある年賀状になるかもしれません。

日本らしい切手が日本でも人気

シートで購入すると耳紙がついてきますが、この部分にもイラストが描かれており、
その上にそれぞれローマ字で「SUSHI」「TEMPURA」と料理の名前が書いてあるのも、
細かくて日本らしいと好評です。
「海外に送る予定はないけどコレクションしたい」とか「もっと種類が出てほしい」、
「ネットで調べてすぐ購入した」という切手コレクターもいらっしゃいます。
海外年賀切手ですがもちろん国内便でも使えます。
また年賀状印刷サービスというのもあり、
年賀状そのもののデザインもたくさんあるので注目してみてください。
送りたい方に合わせて、シンプルなものから華やかなものであり、
自分で作成したデザインを印刷することも可能です。
ネットでも注文を受付けており、検索機能などにより、
気になるデザインが探しやすくなっています。
また、ネット限定のデザインもあります。
忙しい方やたくさんあって自分で刷るのは大変な方は、
年賀状印刷サービスを活用は便利でおすすめです。

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>