2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > ビジネス年賀状に使うペンはどれがいいの?

年賀状について

ビジネス年賀状に使うペンはどれがいいの?

ボールペンが良くないとされている理由

はがきの宛名や手書きで一言添える際に、
ボールペンを使う人は多いと思われますが、
新年の挨拶をする年賀状に用いるのは避けるべきとされています。
ボールペンの文字は線の太さが一定で、
筆などで細い字や太い線など筆圧や文字から伝わる表情が伝わりにくく、
事務的な印象を持たれたり、薄情な印象を与えてしまうことがあるからです。
また書道の本番課題用や、デパートの筆耕サービスなどでも、
正式な筆記具としては認められていないようです。
最近では油性ボールペンにもインクの滑らかなものなど、
いろいろな新製品が出てきています。
中でも消せるボールペンは、簡単に書き換えができてしまうことから、
履歴書や各種証書類など重要な書類には認められていないため、
年賀状以外でもビジネスの場においての使用は禁忌とされています。
年賀状で印象が最もよいのは、筆で書かれたもの、次いで筆ペンです。

上司に好印象を与える筆ペン

年配者にも好印象を持ってもらえる「筆ペン」ですが、
この筆記具は年賀状の本文はもちろん、宛名書きにも良いとされています。
新年のお祝いでは文字が太くしっかりと書ける、
また一文字一文字の止め、ハネがしっかりと表現できることや、
線の太さや細さを書き方によって自由に変えることができるので、
より繊細な表現が可能です。
墨汁の準備や、墨を筆に含めて書く時、うっかりはがきに垂れてしまうこともあるので、
慣れていない人は注意が必要です。
筆で書く時は、ボールペンなどで書く時よりもゆっくり、丁寧に書き進めましょう。
宛名面で住所・名前など全体のバランスをよく見せるには、
最初に相手の名前を書くのがポイントです。
少しぐらい文字がかすれてしまっても、気にしないように。
二度書きするとかえって文字がにじんだり、バランスが悪くなります。

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>