2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > 年賀状に筆ペンで上手に書くコツ

年賀状について

年賀状に筆ペンで上手に書くコツ

筆ペンの選び方

最近の年賀状は、家族の写真や楽しいイラストなどが印刷がされているものが多いです。
全てを手書きで作成するのは大変ですが、年賀状を受け取った時に達筆な文字で書かれていると目をひきます。
宛名面は手書きで作成することで、相手に丁寧な印象を与えることができ、送り手の気持ちも伝えることができるでしょう。
年賀状の宛名を手書きする際には、筆ペンがおすすめです。
筆ペンを使った上手な年賀状の書き方を知っておきましょう。
文字の美しさは、筆記用具によって異なります。
使い慣れたボールペンの方が書きやすい人も多いかもしれませんが、最近では筆ペンのようなサインペンも販売されています。
より美しさや丁寧さを伝えるためには筆ペンの方が見栄えが良いです。
筆ペンにも様々な種類があるので、使いやすさや書きやすさをこだわって選ぶと良いでしょう。
筆ペンは太字、中字、細字など、筆の太さが異なります。
また、硬質タイプの筆ペンはサインペンの様に書くことができ、硬い芯材が特徴です。
軟筆タイプの筆ペンは、穂先にウレタンやフェルトが使われ、太い線を書くことができるのが特徴です。
毛筆タイプの筆ペンは、穂先にナイロンが使われていることが多く、一番毛筆に近い筆ペンです。
使いこなすのが難しいタイプですが、強弱がつけやすく芸術的な文字を書く際に適しています。
それぞれ特徴があるので、必要に応じて使い分けるようにします。
また、薄墨ペンは弔事用なので、年賀状には使用しないように注意しましょう。

筆ペンでの文字の書き方

年賀状の宛名を筆ペンで書くときにはコツがあります。
達筆でなくても、丁寧に書かれた字は相手も気持ちが良いものです。
年賀状は枚数も多く、うっかりすると誤字脱字がありますので、正確に落ち着いて書くようにします。
まず、全体のレイアウトを意識して、文字の配分や住所と宛名のバランスを考えましょう。
一文字一文字大きさを揃えようとするのではなく、画数の少ない字は小さく、画数の多い字は大きめに書くと、書き終わった時にバランス良く仕上がります。
また、相手の名前は一番大きく書き、相手の住所は名前より少し小さく、自分の住所や名前は小さめに書きましょう。
筆ペンの特徴をいかして、トメやハライを意識して書くと、見た目が引き締まります。
インクでハガキを汚してしまわないように、右利きの人はハガキの左側の、自分の名前から書き始めると良いでしょう。
筆ペンで書く時の本番では、迷いを捨てることも上手に書くコツの一つになります。

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>