2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > 年賀状の添え書きで喜ばれる「一言」

年賀状について

年賀状の添え書きで喜ばれる「一言」

パソコンの普及が年賀状に与える影響

近年では年賀状はパソコンから簡単にフォームをダウンロードすることができ、
挨拶文も、そのまま使用するだけで
年賀状を作ることができるようになって大変便利です。
オリジナリティの高い年賀状を作ることも
比較的簡単で誰もができる時代になっていて、
大量に印刷することも家庭でできるようになっています。
かつては印刷会社に発注したりしなければならなかったものが、
手軽に自分だけのオリジナルの言葉を使ったり、写真を取り込んだものを作るのも
とても簡単になっていて、多くの人が利用しています。
まるでアート作品のようなクオリティの高いものを作る人や、
作る人のセンスをうかがわせるような、飾っておきたくなるような作品も少なくありません。

年賀状に添える一言の重要性

しかし、どんなに素敵な年賀状でも、もらってうれしいなと思えるのは、
やはり印刷された文面に一言が記してあるものです。
別にすべての文面が手書きでなくても、
自分のことを気にかけてくれていることが伝わってくるような
文面が記してあると、もらった方はやはり本当にうれしいものです。
その一言も、全員同じ文言なのかなと思ってしまうような画一的なものではなく、
自分に当てたひと言が入っていたり、送る側の近況を手短に報告してくれるような文面だと、
ああ、このはがきは自分のために書いてくれたものなのだ…という思いが感じられ、
何年あっていない人でも、少なくともこのはがきを書く瞬間は
自分のことを思い出してくれていたのだということが伝わってくるものです。
お互いにどうしているかな…と、ご無沙汰している相手のことを思いながら書くと、
自然にその人に向けたひと言を書き込むようになります。
別に人生を変えるような名言である必要はなく、
自分のことを心の隅に気にかけてくれているという
ささやかな気持ちの伝わるものでいいと思います。
たとえそれが、元気にしていますか?の一言だけでも、
直筆のメッセージが書かれたものを受け取った時のうれしさは格別です。

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>