2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > 年賀状で伝える抱負について

年賀状について

年賀状で伝える抱負について

年賀状に抱負を添えよう

年賀状を書くとき、どのようなことを書いて良いかわからない人も多いのではないでしょうか。
特に、上司への年賀状です。
プライベートで送る年賀状は、近況報告などでも構いませんが、上司への年賀状はマナーを守り、失礼がないように気をつけなければなりません。
年賀状に書く内容は、基本的には新年の挨拶や、1年間お世話になったこと、これからもよろしくお願いしますなどの気持ちが伝えれば良いでしょう。
しかし、上司や先輩に年賀状を送る場合には、一言添えてみてはいかがでしょうか。
一言を添えると他の同僚よりアピールできるかもしれません。
一言添える際には、抱負がおすすめです。
実際に具体的な目標が定まっている人や、今後チャレンジしてみたいことなど仕事に関連した抱負を書いてみましょう。
抱負の実現のために、今後もご指導よろしくお願いいたしますなどの一言も添えると、より丁寧な印象を与えることができます。
また、抱負を書くときは、手書きがおすすめです。
大量に年賀状を書く必要がある場合は、宛名書きは印字にして、新年の挨拶などはテンプレートを使用しても構いませんが、最後の一言や抱負は手書きにすると、より気持ちが伝わります。
上司や先輩は自分よりも目上なので、一言だけでも手書きで自分の言葉を書くと印象が大きく異なるでしょう。

抱負があるとより素敵な年賀状になる

仕事の抱負を書く場合は、具体的な目標などを添えるのがポイントです。
しかし、長すぎるメッセージにならないように注意しなければなりません。
また、仕事以外に、プライベートで交流のある上司や先輩には、趣味などの目標を伝えてみるのも良いでしょう。
友人への年賀状に抱負を書く場合は、堅苦しいメッセージは避けてください。
固くなりすぎない、個人的な抱負を伝えることをおすすめします。
一言も書かずにイラストと新年のあいさつを印刷しただけの年賀状は味気なさを感じてしまうことがあるのです。
大きなインパクトを与えなくても、抱負など一言添えられているだけで、印象は大きく変わります。
受け取った相手も嬉しいと感じるため、抱負を添えてみてはいかがでしょうか。

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>