2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > 意外と知らない上司に年賀状を出す時のマナー

年賀状について

意外と知らない上司に年賀状を出す時のマナー

上司に送る年賀状とは

社会人になると、様々な面でマナーやルールというものがあり驚くことが多いですが、
これまで普通に書いていた年賀状も注意が必要となってきます。
学生時代は目上の人といっても教師や親戚、バイト先くらいで、
少しばかりマナー違反でも咎められることはなかったはずです。
しかしながら責任のある立場になった場合、
正しい文章を作成したいものです。
特に最近はネットの年賀状印刷サービスを使う人も増えていて、
工程が進んでしまうと訂正できませんので、事前の確認が必要なのです。
それではどうすればいいのか、年賀状印刷サービスのホームページやネットなどで、
調べればだいたいは分かりますので、それらを参考にするのがよいでしょう。
上司に送る年賀状は独創性よりも普遍的なものがよいのです。
また、年賀状印刷サービスにも種類があり工程や環境を考えて選ぶ必要もあるので、
社会人になったのなら早めに取り掛かる必要があるのです。

ネットの年賀状印刷サービスを使う場合

ネットの年賀状印刷サービスでは内容によっては添削してくれるところもあるので、
文面が心配な人は使ってみるのもいいのです。
またネットには定型文が数多く載っていますので、
そちらを参照にして文言を考えましょう。
特に上司に対して使う言葉で気を付けたいのが、「賀正」「迎春」「新春」などで、
これらは目上から目下に対して使うものなのです。
また地方ごとの環境によって言葉は変化するものですが、
上司に対する年賀状の場合は標準語を使うように心掛けるのがよいのです。
また宛書の書き方も大切になってきますし、
他にも元旦に届くようにすることも注意しなければいけないのです。
年賀状は最近では形式的なものとなってきていますが、
それゆえルールに沿ったやり方が求められるのです。
いろいろと面倒なことが多いですが、社会人になれば必要なことですし、
今後を考えても知っておいて損はないのでしっかりと学んで美しい文面にしましょう。

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>