2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > 【出産】赤ちゃんが生まれた場合の年賀状

年賀状について

【出産】赤ちゃんが生まれた場合の年賀状

出産・赤ちゃんの写真

年賀状には、日ごとに顔が変わる赤ちゃんのベストショットを使いたいものです。
赤ちゃんの写真は、お天気のいい日の戸外で撮ると一番きれいに撮れます。
ですので、冬の寒い時の少し前などに、年賀状用の画像を用意しておくと便利です。
旅行先やご近所でも、お花がきれいに咲いている場所を見つけたら、
お花をバックに撮ると、素敵な一枚を残せます。
縦にするか横にするか、デザイン等によって使えるものも変わりますので、
色々なパターンをピックアップしておくとスムーズに作れます。
画像がぼけている、小さすぎる、などですと、
印刷した時にはっきり出ないこともあるので、
ピントが合っていて、サイズもちょうど良いものを選びましょう。
背景の洗濯物が気になっても、ピントの合った可愛い笑顔の一枚には変えられない、
という写真は、送られた相手もその気持ちがわかって喜んでくれることでしょう。
ただし、目上の人に送る場合は、おしとやかな画像が無難です。

出産・赤ちゃん年賀状を送る際のマナー

わが子の写真はどれを観ても可愛く、どれも使いたくなることでしょう。
しかし、送られた立場になると、他人の子どもが山ほど載って、
挨拶文はおめでとうの一行、という年賀状を受け取ったらどうでしょうか。
シンプルに1、2枚、よく撮れている写真で紹介には十分です。
また、友達は親であるあなたなのに、赤ちゃんだけの年賀状ばかりを送られても、
と思う方もいるようです。
家族と赤ちゃんが一緒に写った年賀状でご挨拶というほうが、
久しぶりの友人の顔も観られて送られた方も嬉しいのではないでしょうか。
また、なかなか子どもを授からず、
コウノトリを待っている家庭というのは思いのほか多いものです。
そういう家庭に、赤ちゃんがメインに押し出された年賀状というのは、
デリカシーに欠けるものになります。
出産したら、赤ちゃんの写真を必ず使えばいい、ということではなく、
送る相手への気遣いもほしいところです。
「うちのコ可愛いでしょう? ね、ね、ね」ではなく、
「赤ちゃんが生まれましたので、見てやってください」とう謙虚な気持ちで送れば、
相手側もほほえましく見てくれることでしょう。

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>