2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > 転職した際の年賀状について

年賀状について

転職した際の年賀状について

前の職場の人への年賀状について

転職を考えているという人や、既に転職をしたという人は年賀状で報告するべきか、元の職場の人たちに送るべきか悩んでいるのではないでしょうか。
それぞれの会社によって年賀状は送らなくても良い社風や、暗黙のルールで必ず送らなければならないなど様々です。
年賀状を送る場合は、失礼のないようにマナーを守りましょう。
転職をしたあとの年賀状をどうするべきか迷っている人は、これからもお付き合いを続けていきたいと思っている人に対しては年賀状を出してみてはいかがでしょうか。
転職すると、前の職場の人と顔を合わせることがなくなります。
お付き合いを続けていきたいという人には、近況報告を兼ねて毎年、年賀状だけのお付き合いでも続けてみましょう。

転職を年賀状で報告

転職の報告を年賀状で行う場合は、新年の挨拶のあとにいつ転職をしたのか、今年の抱負などを添えてみてはいかがでしょうか。
転職をきっかけに引っ越しをして住所が変わった場合も、年賀状を活用して新しい住所を伝えることができます。
通常、引っ越しをした場合は挨拶状を送り、新住所を伝えるのがマナーですが、年賀状にその役割を持たせることができるのです。
年賀状には、新年の挨拶のあとに引っ越しをしましたと一言書いておくことで、相手にその旨が伝わります。
一言添えなければ、住所が変わったことが相手に伝わらないことがあるため、転職したという報告はしなくても住所が変わったことだけは、しっかり伝えておきましょう。
転職や引っ越しをしたのが2ヶ月以上前のことであれば、報告が遅いということで失礼だと感じる人もいます。
そのため、不義理をお詫びする言葉も加えておくと丁寧です。
メールやLINEを使用して年賀状の代わりに年始の挨拶を済ませることも多くなりましたが、年賀状は印刷をしたり、メッセージを考えたりと手間と時間をかけます。
忙しい人は、面倒に感じるかもしれませんが、心のこもった挨拶になるため、今年の年賀状も心を込めて作成してみてはいかがでしょうか。
受け取った相手にも気持ちが伝わすはずです。

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>