2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > 年賀状での引っ越しのご報告

年賀状について

年賀状での引っ越しのご報告

年賀状で引っ越しの報告をするのはあり?なし?

引っ越しをすればすぐにでも新住所を知人に報告したいものですが、
新生活が落ち着くまでは何かと忙しいもの。
報告しなくてはと思いつつもいつの間にか忘れてしまい、
気が付けばお正月というのも珍しくはありません。
しかしここで疑問となるのは、年賀状に引っ越しの報告をするのはありなのか、
それともなしなのか、ですよね。
引っ越しの報告と新年のご挨拶を同時にすることは失礼にはあたりません。
しかしこれはお相手との関係性にもよります。
例えば友人や親戚などの場合は引っ越し報告を兼ねても特に問題はありませんが、
職場関係となるとやはり自重したほうがいいでしょう。

引っ越し報告を兼ねた年賀状の書き方とは

引っ越し報告と新年のご挨拶を同時に行う場合には、
いくつかの書き方があります。

1つ目の方法としては、書き出しに新居に移ったことを伝え、
その続きにご挨拶をするというもの。
そして2つ目は、昨年お世話になった感謝の気持ちを先に述べて、
その続きに転居した旨を伝えるというものです。
また締め括りのご挨拶の間に、
新年に向けた抱負なども一言添えるといいでしょう。
様々な書き方で年賀状と引っ越し報告を
同時に済ませてしまうのも1つの手段ですよ。

喪中の引っ越し報告について

喪中はがきで引っ越し報告をするのはタブーとされています。
しかし、転居したことを報告しない訳にもいきませんので、
このような時にはご自身の住所の頭に
「新住所」
と記載しておくのが無難です。
引っ越し報告、という形とは少々異なりますが、
お相手様はこのはがきで転居したことをご理解頂けるでしょうし、
喪中はがきとしての礼儀も踏まえていますから、
こちらの方法がベストな選択と言えます。

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>