2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > 年賀状で近況を報告・聞く

年賀状について

年賀状で近況を報告・聞く

年賀状で近況報告しよう

年賀状は、新年を祝うために大切なものです。
日頃からお世話になっている人にだけではなく、遠くに住んでいる人にも年賀状を送って、近況報告や相手の近況も聞いてみてはいかがでしょうか。
年賀状で近況報告をする際は、短い文章でも良いですがポイントがあります。
受け取った相手に丁寧な印象を与える年賀状の書き方を知っておきましょう。
結婚や出産など報告をする際には、単なる自慢にならないように相手への思いやりを持った文章を書く必要があります。
特に、仕事関係者などの関係性に注意しなければなりません。
上司や取引先、仕事関係者に対して送る年賀状には、写真付きは避けた方が良いです。
しかし、親しい人であれば問題ないでしょう。
親しい人に写真付きの年賀状を送って近況報告する場合には、子供だけの写真よりも家族写真の方が喜ばれます。
その理由は、子供よりもあなたの近況に興味を持っているからです。
結婚相手や子供と一緒に写った家族の写真をプリントして、結婚報告や出産報告をするように心がけましょう。

マナーを守った文章で送ることが大切

転勤したことを年賀状で報告する際は、転勤後の新しい職場の状況を伝えたあとに、相手の仕事の状況などを尋ねると良いでしょう。
年賀状を送った相手が転勤をしていた場合には、転勤後の職場に慣れたかを尋ね、身体を気遣う文章を書くのがおすすめです。
最後に「ご活躍とともにご家族一同のご健康をお祈りしております」と添えると、丁寧な年賀状になります。
普段あまり関わりのない人やご無沙汰している人には、近況報告を含めて毎年送るように配慮したいものです。
電話やメール、SNSであれば簡単に済ませることができますが、手作りの年賀状は温かみを感じます。
しかし、相手に失礼な書き方やマナーのない年賀状にならないように注意しなければなりません。
しっかりとマナーを守り、文章や写真を選ぶようにすると、相手も好印象を持ってくれます。
年賀状で新年の挨拶をすることは、日本の伝統的な文化です。
親しい相手や、遠方の人に年賀状を毎年送り近況報告をしてみてはいかがでしょうか。

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>