2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > 年賀状に便利な筆ペンの種類と特徴

年賀状について

年賀状に便利な筆ペンの種類と特徴

年賀状を書くためには

インターネットが広がり、パソコンだけではなく携帯電話やスマートフォンなど、
一人一台持っているのが当然になっている昨今、
メールやLINEといったものが伝達の主流となっています。
それでも伝統は今も残っていて、新年を迎える際には年賀状を出すのが習わしになっています。
これもメールで代用する人が多くなっていますが、
それでも毎年のようにキャンペーンが行われますし、まだまだ出す人の方が多いのです。
年賀状といえば専門の業者に依頼する、パソコンソフトなどで作成することが多くなっていますが、
それでも手書きの魅力というのは失われることがありません。
では手書きで美しく書くためにはどうすればいいのか、
文字の美しさというのがやはり大切になってきますが、
そのためにはどういったもので書くのかを知る必要があり、
まずは筆ペンの種類を知って、自分の文字に相応しいものを選ぶことが大切になってきます。
それによって全体のレイアウト、デザインも変化してきます。

筆ペンの種類を知りましょう

それでは筆ペンにどういった種類があるかというと、
硬筆タイプ、軟筆タイプ、毛筆タイプがあります。
これらは穂先の素材が異なっていて、硬筆タイプはアクリル繊維で芯材が硬く、
「ハネ」「ハライ」が書きやすくサインペンの極細といった感じになっています。
軟筆タイプはウレタン素材でやや弾力があり、
「ハネ」や「ハライ」が書きやすい通常のサインペンタイプとなっています。
毛筆タイプはナイロン毛で最も毛筆の感覚に近くなっています。
筆先にコシがあり線の強弱がつけやすいのは毛筆、軟筆、硬筆となっています。
さらに初心者が使いやすい順番は硬筆、軟筆、毛筆となっています。
また筆圧の加減が分からない場合は硬筆から試すのがよく、それぞれ書いてみて、
自分に合ったものを選ぶことが大事になります。
またメーカーによっても書き味が変わってきますので、
文具店などで実際に試し書きをしてみて、自分のイメージするものを選ぶのがいいかと思われます。

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>