2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > 年賀状の冠婚葬祭マナー

年賀状について

年賀状の冠婚葬祭マナー

喪中はがきの出し方

冠婚葬祭で悩むのが、喪中に出す喪中はがき(年賀欠礼挨拶状)のマナーです。
喪中はがきは、近親者で1年以内に不幸があった時、年賀状をいただくであろう人に
前もって、喪中のお知らせするために出すハガキです。
親や兄弟など交流がある親戚などには送らないのが一般的で
10月下旬から12月の上旬くらいまでに喪中はがきを出しましょう。

近親者について

ちなみに、喪中はがきに関係する近親者とは一般的に二親等までとし、
親と配偶者の親、配偶者、子供、祖父母、兄弟姉妹、配偶者の兄弟姉妹、孫までが
対象となっていますが、ケースバイケースで祖祖母と同居している場合、
三親等ですが喪中はがき(年賀欠礼挨拶状)を出してもよいでしょう。

喪中はがき(年賀欠礼挨拶状)のマナー

どういう続柄の人が、いつ何歳で亡くなったのかを記入し、
享年は一般的な満年齢ではなく、数え年を書きます。
近況など個人的なメッセージなどは書かないのが礼儀です。
また、喪中なのに年賀状が送られてきた場合、1月7日を過ぎてから
寒中見舞いを送ります。
その時に、年賀状をいただいたお礼と喪中のため年賀状が出せなかったことを
書きましょう。

年賀状の冠婚葬祭マナー

年賀状など冠婚葬祭に関わる挨拶状は縦書きで句読点を入れない、ご自分の住所は
小さめに記入する等黒色の墨やインクを使う等、マナーに十分注意しましょう。
年賀状や喪中はがきなど挨拶状を印刷する場合、不明な点はお店でご確認ください。

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>