2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > 未使用年賀はがきの使い道

年賀状について

未使用年賀はがきの使い道

年賀はがきを交換してもらう

年賀はがきは出していない人からの返信などに備えて
少し多めに注文するのが鉄則です。
そうすると使わずに余ってしまった年賀はがきが出てきてしまいます。
未使用のはがきはどうすればいいのでしょうか?
郵便局で現金に交換することは出来ませんが、
5円の手数料を支払うことで普通のはがきに
交換してもらうことができます。
ちなみに、宛先不明の表記があるはがきは交換ができませんが、
手元に戻って来た後で相手の住所がわかったという場合は
宛先不明の表記を消して「再差出」と表記し、
切手を貼って再度投函すれば届けることができます。
また、交換は特定封筒や郵便書簡などと交換することもできます。
ただし、くじ引き付きはがき同士の交換は
販売期間が終わると受け付けてもらえないので注意が必要です。

親族の不幸によって出せなくなった時

年賀状を既に作ってしまった後でご親族が急逝された場合は喪中となってしまい、
作った年賀状が出せなくなってしまいます。
郵便局では、未使用のお年玉付き郵便はがきの場合、
販売期間終了日までなら手数料なしでの交換を受け付けています。
交換できるのは未使用はがきと同じ種類ですが、
くじ引き番号付きの年賀はがきには交換できません。
また、弔事用切手との交換も可能となります。
万が一の時のために覚えておいて損はないでしょう。

はがきで寄付をする

年賀状を普通のはがきや切手に交換してもらったところで
とくに使い道がない、多すぎて使いきれない、という声も聞かれます。
そんなときは、未使用はがきを寄付するという活用方法があります。
未使用はがきを回収している団体はとても多く、
海外の子供たちの教育支援、貧困に苦しむ方々の自立支援、
国内の被災地への寄付など様々なところに寄付されています。
寄付したはがきの使い道を調べて、
自分が支援したいと思う団体に寄付すると良いでしょう。
はがきを送るときは、封筒に貼る切手を余ったはがきで
交換してもらえば、出費もありません。

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>