2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > 年賀状の有効期限

年賀状について

年賀状の有効期限

恒例行事である年賀状の基礎知識

一年の締めくくりと始まりに欠かせない年賀状ですが、
毎年のこととなるとつい同様の言葉を並べてしまいがちです。
しかし新年の挨拶として、
また職場の上司や古き恩師への感謝の気持ちを表すためにも
年賀状を1つのアイテムとして上手に活用してほしいのです。
まず年賀状の始まりで知っておきたいことは、
お祝いの言葉から認めるということ。
賀正や迎春、そして賀春などの文字は一度は目にしたことがあると思います。
これらは
「賀詞」
と呼ばれるもので
、 一般的な言葉の1つである
「明けましておめでとうございます」
というものとは異なります。
そして後者の場合は
「祝詞」
と呼ばれ、年賀状にはこのどちらかを使用することになります。
しかし、賀詞と祝詞を同時に使うことは
同じ言葉を復唱していることになりますので、この点は注意が必要です。

年賀状の有効期限とは

年賀状は様々なお相手に出すものですから、
この有効期限にも気を付けておきたいところです。
元旦にお相手の元に届けたいと思う方は多いと思いますが、
この場合は12月15日から12月25日までの間に出しておくのが無難です。
また、元旦に到着するのが難しいという場合には、
松の内と呼ばれる1月7日までならば特に失礼にはあたりません。
しかし年末は忙しい時期ですから、
どうしても25日に年賀状を用意することができない、
という方もおられることでしょう。
その際には普通郵便として送ることも可能ですが、
これには1つ注意点があります。
それは、必ず年賀状の裏側に赤字で年賀と記入することです。
そうしなければ年内のうちに年賀状が届いてしまうケースもあり、
非常に気まずいことになりますので、この点だけは十分に注意しましょう。

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>