2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > 立体の年賀状は送ることができる?

年賀状について

立体の年賀状は送ることができる?

とにかく目立つ立体の年賀状

今はパソコンソフトを使用することで、とてもオシャレな年賀状を作ることが可能です。
さらに手作りの場合は、もっと心のこもった素晴らしい年賀状ができるでしょう。
でもやっぱりインパクトが足りない! という場合には、
立体的な年賀状を作ってはいかがでしょうか?
こういったはがきは一部の業者が販売していて、かなり反響を呼んでいるようです。
もちろんそれを購入するのも良いのですが、自分で作るのもおすすめです。
立体的に見えるだけのものなら簡単ですが、本当に立体的なものだと少し工夫が必要です。
3Dシールを貼り付けるくらいであれば、誰でも問題なくできます。
ただもっと複雑な盛り上がりを表現するなら、自分で模型のようなものを作り、
それを年賀状に貼り付けなくてはいけません。
確かにとても目立つでしょうし、話題になるでしょう。
ですがこれをいくつも作るのは大変です。

立体の年賀状は送る際に気を付けること

目立たせようと思って立体的な年賀状を送るのは良いのですが、
気を付けたいこともいくつかあります。
まず、料金の問題があります。
通常のはがきの料金では送れない可能性があるので、
窓口に持っていき、確認してから投函してください。
そうしないと、自宅に戻ってくる可能性があります。
その他に、立体にした部分が配送途中で取れないようにするという点です。
たくさんの郵便物と重ねられるでしょうし、擦れ合います。
立体にした部分がすべて取れてしまったり、一部が欠けることもあります。
そうならないように、しっかりと貼り付けてから年賀状を出してください。
そして、立体年賀状を送っても大丈夫な相手かどうかも確認しましょう。
取引先やお世話になっている人にこれを送って、迷惑をかけることは避けるべきです。
気のおけない間柄なら、送った側と送られた側、双方が楽しめることでしょう。

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>