2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > 海外でも年賀状に似た文化があるの?

年賀状について

海外でも年賀状に似た文化があるの?

海外の元旦

元旦に年賀状を出すのは日本独自の文化であることは間違いありません。
では、海外では年が明けた1月1日に何も送らないのでしょうか?
実は、その国ごとに独自の文化があるのです。
年賀状は海外にも出すことができますが、
中には年賀状が全くとんちんかんな挨拶になる場合もありますから
海外に出す場合はその国の文化や宗教の違いを知る必要があります。

アジア圏へのあいさつ

お隣である韓国・中国も年賀はがきが売られ、年賀状の文化があります。
しかし、中国の場合は1月1日の元旦よりも「春節」という
旧暦のお正月を大事にする傾向があり、
年賀状も春節に合わせて交わされる方が多いのです。
また、韓国ははがきよりもカードが主流で、キリスト教も多いため
クリスマスカードと一緒に送られることが多いようです。

欧米圏へのあいさつ

欧米圏は圧倒的にキリスト教が多いため、
クリスマスカードと一緒に年明けを祝うのが通常です。
カードに良く書かれる「Merry Christmas and a Happy New Year」
という言葉はその象徴ともいえます。
喪中という概念がないため、喪中を気にする必要はありませんが、
クリスマスは宗教行事のためキリスト教徒以外に
送ってしまわないようにだけ気をつけなければなりません。

イスラム圏へのあいさつ

イスラム暦には年明けを祝う概念がありません。
さらに、1月が断食月(ラマダーン)となる年の場合は日中の飲食が禁止されるため、
お祝いどころではありません。
イスラム圏はこの断食月が明けた日に盛大なお祝いをするため、
ある意味この日が日本の元旦に当たると言えます。

送る相手の宗教がわからない場合は干支や神様などの絵柄は避け、
季節のあいさつとして送りましょう。

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>