2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > 余った年賀状の有効活用

年賀状について

余った年賀状の有効活用

書き損じ・未使用の年賀はがき

書き損じや未使用のはがきは、郵便局で1枚5円の手数料を払うことで
お好きなはがきや切手、レターパックに変えてくれます。
詳しくは未使用年賀状はがきの使い道をご参照ください。

しかし、1枚5円の手数料をもったいないと思う人も多いのではないでしょうか。
例えば年賀はがきが100枚もあると、手数料だけで500円もかかることになり、
損をした気分になります。
そのような場合におすすめの使い方をご紹介します。

表側(宛名の面)に年賀の文字

年賀はがきは表側(宛名の面)に年賀の文字がありますが、
それを二重線で消せば普通のはがきと同じように使えます。
また、年末でなければ年賀の文字がそのままでも問題ありませんが、
年末に投函した場合はお正月まで配達されないので注意しましょう。

表側(宛名の面)に年賀の文字

年賀はがきは表側(宛名の面)に年賀の文字がありますが、
それを二重線で消せば普通のはがきと同じように使えます。
また、年末でなければ年賀の文字がそのままでも問題ありませんが、
年末に投函した場合はお正月まで配達されないので注意しましょう。

目立つよう派手にして懸賞に応募する

余った年賀状の使い道として、懸賞はがきに使用する方が多いようです。
一般に、年賀はがきを普通のはがきのように使用するのは
相手にとって失礼ですが、懸賞なら気になりません。
最近はスマホなどネットでの応募が増えており、
はがきでの応募者が少ないので、当たりやすいという噂もあります。
また「懸賞の達人」のようによく懸賞が当たる人によれば、
「企業の担当者の目につくように派手にして出すと当たりやすい」との
意見が多いので、
余った年賀状で懸賞に応募する場合は、思い切り派手にしましょう。
急いで書くと雑になるので、時間に余裕のあるときに、
マスキングテープなどで可愛くデコレーションして
応募してみるのはいかがでしょうか。
なお、お年玉付年賀はがきを懸賞用に使う場合は、
必ずお年玉の当選番号の発表が終わってからにしましょう。

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>