2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > 年賀状の宛名マナー

年賀状について

年賀状の宛名マナー

正しい年賀状の書き方

年の瀬になると年賀状の準備に追われるという人は少なくないでしょう。
年賀状の書き方も、親戚、友人、ビジネスなど、送り先によって様々な書き方がありますが、
まず気をつけたいのが宛名に関する書き方です。
例えば、送り先の宛名が1名であれば問題はないのですが、
その人が結婚している場合、子どもがいる場合、法人向けの場合など、
それぞれのシーンに合わせて宛名の書式は変わってきます。
家族がいる場合は連名で出しても良いですが、
1名の名前だけでも特に問題はありません。
これに関しては特別な決まりはありませんので、
相手との関係性を考慮して宛名の書き方を決めるといいでしょう。
文書や絵手紙などで工夫を凝らしても、
書き方を間違うと先様に対して大変失礼にあたるので、
正しい年賀状の書き方はぜひとも覚えたいものです。

正しい宛名の書き方とは

まずは宛名の基本的な書き方について学んでいきましょう。
年賀状は縦書きで書くことが多いものですが、
中には横書きで書く人もいるでしょう。
こういった場合、親戚や友人などの非常に親しい仲に限っては、
横書きでも特に問題ありません。
しかし会社の上司や取引先、恩師などに送る場合は縦書きが一般的です。
また表面を縦書きにしたならば、これと同様に裏面も縦書きにする方がいいでしょう。

年賀状のやってはいけないルールとは

では、全ての年賀状においてやってはいけないルールをお伝えします。
年賀状の場合、宛名を赤字で書くこと、修正テープを利用すること、社名を省略することは
先様に対して失礼な行為にあたるので、どれほど親しい間柄でもやってはいけません。
もし書いている途中で失敗してしまった場合は、
新しい年賀はがきを用意して書き直すことをお勧めします。

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>