2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > 官製はがきで年賀状を送ってもいいの?

年賀状について

官製はがきで年賀状を送ってもいいの?

年賀はがきが足りないそんなとき

毎年頭を悩ませてしまうのが年賀はがきの不足です。
自分がはじめに年賀状を出しておいたグループ以外の方から年賀状を頂くこともあります。
お返事を書きたいけれどお店にある年賀状が売り切れてしまったり、
袋に入った大容量のものしか残っていなかったりしてがっかりした経験はありませんか。
そもそも年末に年賀はがきを買いそびれてしまったけれど、
この人にはお正月前に年賀状を出したいという時もあるでしょう。
家にはもう普通の官製はがきしか残っていない、そんな時でも大丈夫です。
実は普通の官製はがきを年賀状として送ることができます。
通常、官製はがきで郵便を出すと普通郵便として扱われ、
他の手紙やダイレクトメールと同じように郵便局の通常の日程で配達されてしまいますが、
年賀郵便として扱われるための書き方を守ると年賀郵便として、
他の年賀はがきと同じように扱ってもらえます。
これは困ったときに役に立ちますのでぜひ覚えておきましょう。

官製はがきを年賀状で送るときの書き方

官製はがきを年賀状として送るときにはどのような書き方があるのでしょうか。
官製はがきの表のあて名や郵便番号、切手などを貼ったり書いたりするほうの面に、
赤い文字で「年賀」と書く必要があります。
書き忘れると、普通郵便として扱われ、普段通りの日程で宛先の方へ配達されてしまいますので、
必ず書かなければなりません。
忘れないように気を付けてください。
赤い文字は通常、切手が印刷されているところの下に縦書きで書きますが、
同じ面であればどこでもかまいません。
赤いインクであれば、印刷やハンコなどでもいいでしょう。
扱う人がわかりやすいようにハッキリと読みやすい字で書きましょう。
文字が小さいと見逃されてしまいがちです。
また昔の官製はがきを使う場合には郵便料金が違っていることがありますので、
不足していれば表の余白に不足分の切手を貼りましょう。
郵便料金が足りていることを確認してポストの「年賀郵便」のほうへ投函してください。

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>