2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > 年賀状に添える健康を気遣う文例について

年賀状について

年賀状に添える健康を気遣う文例について

健康に気遣った文章を書こう

年賀状の文章は親しい友達であれば、悩むことなく書くことができますが、中々会えない親戚や知人には、どのようなことを書いて良いのかわからない人もいるのではないでしょうか。
また、結婚を機会に、これまで接点がなかった人と親戚になり、年賀状を書かなければならないこともあるでしょう。
年賀状の文章に悩んだときは、健康を気遣う文章がおすすめです。
健康を気遣う文章は最も書きやすく、年賀状を受け取った側にも喜ばれます。
特に、自分より年上の人、高齢者には健康に関心があるものです。
年賀状に書く健康を気遣う文例を知っておきましょう。
疎遠になっている親戚に年賀状を送る場合は、ご無沙汰していることを詫び、様子を訪ねる内容、健康を気遣う内容を組み合わせます。
疎遠になっている親戚に対して、自分の近況を無理に報告する必要はないでしょう。
例えば、「ご無沙汰しております お変わりなくお過ごしでしょうか ご家族のご健康を心からお祈り申し上げます」などです。

ご自愛下さい、を正しく使おう

間違えやすい文章について知っておきましょう。 よく「お身体をご自愛下さいませ」と書く人がいますが、「ご自愛下さい」とは「身体を大切にしてください」という意味です。
身体という部分が重複しているため「寒い日が続きますがご自愛下さい」などの書き方をしましょう。
「ご自愛下さい」は、目下の人に使っても問題ありません。
しかし、目上の人から「ご自愛下さい」と書かれた年賀状がきたときは、身に余るお言葉として恐縮しなければならないのがマナーです。
さらに、入院中や療養中など、既に体調を崩している相手には「ご自愛下さい」は使ってはなりません。
今後も健康でいてくださいという意味で使うため、体調を崩している人に対して使うのは不適切です。
また、年賀状は基本的に句読点を使いません。
使ってはならないという決まりはありませんが、目上の人には気を付けて書きたいものです。
年賀状は新年の挨拶や1年間お世話になったことへの感謝を伝えるものですが、健康に気を遣った文章を少し入れるだけで、喜ばれる1枚になります。
心を込めて書いてみてはいかがでしょうか。

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>