2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > キレイな年賀状をつくるための写真選び

年賀状について

キレイな年賀状をつくるための写真選び

色調の微調整も重要

ネットなど年賀状印刷サービスを利用して、写真を載せたものを作る場合、
一番重要なことは写真の撮影時の画質を上げることです。
画質を上げる方法はカメラの性能にもよるのですが、
写真の圧縮率を下げる方法とピクセルを上げる方法があります。
また、全体の雰囲気が暗い場所よりも明るい場所のものがより綺麗に印刷されます。
デジタルカメラで年賀状印刷サービスを利用した場合以外でもいえることなのですが、
画質が悪い場合、暗い場所で写真を撮るとデジタルノイズが入りやすいものもあり、
全体の印象が暗くなる場合もあります。
年賀状印刷サービスを利用してネットで年賀状を作成した場合、
様々なデザインがありますので、縦向きと横向きの写真を撮影しておくと、
汎用性が効きます。
デザインを重視してぼかしを入れたりすることもできますが、
少しコントラストを上げる(変にならない程度)と輪郭がしっかりとし、
クリアな写真に仕上がります。

年賀状の紙の質も重要

年賀状印刷サービスをネットで注文する場合には、
普通紙やインクジェット紙など紙の質が印刷時の質にも大きく影響を与えます。
もちろん、写真印刷をするのであれば写真専用紙(インクジェット紙)で印刷した方が、
かなり綺麗に仕上がるため絶対にお勧めです。
また、年賀状印刷サービスでの申し込みは容量制限があります。
写真画質についても、高画質で撮影したものをネットで注文する場合、
その容量ギリギリまで落として使用すると、より綺麗に印刷されます。
デザイン性などを重視しすぎると画質を犠牲にしなければならない場合もありますが、
年賀状印刷サービスを利用するに当たっては、それほど心配する必要はありません。
人間の目で見て普通に印刷したものと全く見分けのつかないぐらい、
高画質に印刷されて帰ってきます。
また、 ネット申し込みをする時にプレビューが確認できますし、
もし気になるようでしたら、そのサイトを拡大して写真を確認することも可能です。

最近では年賀状をネットで注文して印刷したり、
様々なデザインから選んで自分独自の年賀状を作る方が増えています。
そこで少しコツを知っていると、より良い年賀状が作れます。
ネットを利用した年賀状印刷サービスには容量制限があります。
低圧縮なものを申し込むことはできない可能性はあります。
しかし、かなり高画質に印刷できますので全く心配はいりません。

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>