2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > 年賀状の連名の書き方

年賀状について

年賀状の連名の書き方

家族連名での年賀状を書くときには

家族や夫婦あての年賀状では、誰の名前を書くのか悩むところです。
奥さんの名前も一緒に書くのか、子供がいれば子供の名前も必要か、迷いがちです。
特に正解はないものの、望ましい書き方はあります。
家族がいて、その人たちの名前もわかるのなら、宛名には連盟で書いておくと良いでしょう。
受け取った側の気持ちを考えれば、家族の名前が入っていると、ひとりの名前よりもうれしいものです。
連盟で記載するときには、1番右上に世帯主の名前をフルネームで書いて、様などの敬称を付けます。
それから、奥さんと子供の順番で書いていきます。
妻や子供に対しては、苗字は省略してかまいません。
もしも子沢山な家庭であれば、子供の名前はすべて省略してしまいます。
そのかわり、夫婦連名で宛名を書きましょう。
もしくは、何々家御一同様、といったような、
2人だけという省略した形式の書き方をしてもよいでしょう。
親戚関係や友人関係においても、失礼にはならない書き方です。

会社関係者宛に送る年賀状

年賀状を会社関係の人間に贈る時には、連名で書くか、書く時にも気を使うものです。
会社関係で上司などであれば、それほど悩まずに書けるものの、外へ目を向けた時には大変です。
取引をしている仕事関係者で、担当でお世話になっている人が、何人もいる場合などは、
連名で書いてよいものか迷います。
ここで覚えておきたいのは、年賀状を仕事関係で出すときには、連名は使わないということです。
個人が年賀状は保管するものであるため、何人もの名前が書いてあると、
受け取る方としても混乱しがちです。
同じ取引先であっても、数人担当者がいるのであれば、それぞれに年賀状を送るようにしましょう。
もしくは宛名の書き方に工夫をします。
会社名や部署名を書いて、最後に御中と書いておきます。
これで宛名は、その部署全体に宛てて書くということになります。
会社名に部署名、役職に名前と敬称を付けます。
略さないまま、正式名称を正確な情報で書いていきましょう。

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>