2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > 年賀状で婚約を報告をするには

年賀状について

年賀状で婚約を報告をするには

年賀状で婚約の報告

婚約したことを年賀状で報告しようと考えているカップルもいるのではないでしょうか。
年賀状で婚約したことを報告する場合は、結婚式のことを配慮した内容を考えなければなりません。
婚約はとてもおめでたいことですが、ルールやマナーを守らなければ、年賀状を受けとった相手も送った自分も嫌な気持ちになってしまうこともあるのです。
注意点や記載する事柄、喪中の場合などについて知っておきましょう。
婚約したということは、結婚式を挙げる予定を立てているカップルが多いですが、婚約破棄にならないとは言い切れないため、結婚式の有無は年賀状に記載する必要はありません。
しかし、既に結婚式の詳細が決まっており招待状を送っている状態であれば婚約の報告をして構いませんが、結婚式に呼ばない人に対しては、婚約の報告を控えておいた方がいいでしょう。
年賀状を受けとった相手が嫌な思いをしないように、婚約を報告する相手を見極めることが大切です。
また、喪中の人に対しては年賀状を出さずに、寒中見舞いを出します。
寒中見舞いを兼ねて婚約の報告をするといいでしょう。
デザインはあまり派手すぎない方が無難です。

相手が嫌な気持ちにならないようにマナーを守ろう

年賀状で婚約の報告をする場合の記載内容も知っておきましょう。
年賀状を受けとった相手が二人の様子がわかる記載内容を心がけてください。
まずは、新年の挨拶からはじまり、婚約したことを報告します。
新居に住んでいる場合は、住所などの連絡先も記載しましょう。
マナーも大切です。
会社の上司などの目上の人には、一般的な年賀状のマナーを守り、婚約の報告をします。
言葉遣いや、元旦に届くように投函するなど基本的なことを把握しておきましょう。
特に決まりはありませんが、二人の写真を入れてみてはいかがでしょうか。
結婚式をしないカップルも、年賀状を利用して顔見せをすることができます。
遠方に住んでおり、頻繁に連絡を取らない友人にも婚約の報告を兼ねて年賀状を送ることができますが、受けとった相手が嫌な気持ちにならない内容や、基本的なマナーを守り皆に祝福してもらえるような年賀状を出しましょう。

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>