2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > 相手別、年賀状の書き方

年賀状について

相手別、年賀状の書き方

目上の人へ送る年賀状とは

目上の人に年賀状を送る場合は、職場の上司、または恩師や先輩など
気を遣うことがある人ばかりだと思います。
しかし、年賀状を書く際にもきちんとした書き方、
マナーを守っておくことでお相手にも良い印象を与えることができます。
まず、先輩や上司に送る際には日頃の感謝や
お世話になっていることなどを認めましょう。
そして今後の仕事に対する姿勢、意志を伝えておくことも重要です。
さらに、お世話になっている恩師に対しては、
近況報告と今後の目標などを書いておくと現在の心境なども伝わることでしょう。
書く手順としては、まず新年の挨拶から始まり、お世話になったお礼の言葉、
そして今年の課題と目標などを伝える。
さらにはお相手が今年も良い年であるようにと祈る言葉を述べて
締め括りましょう。

取引先に書く年賀状とは

仕事上でお付き合いのある取引先が増えると、必然的に年賀状を送る数も
増えてきますね。
しかしお相手が取引先の場合でも、基本的な書き方は
目上の方に対する内容と同じです。
ここで1つ大切なのは、さり気なく自社の存在をアピールする言葉を認めること。
さらに日頃お世話になっている感謝の言葉を述べて、
お相手の活躍も同時に祈る言葉も付け加えておくと良いでしょう。
また、数が多い場合はどうしても印刷している年賀状を送ってしまいがちですが、
そこに一行でも手書きの言葉が添えてあると
受け取られた方の印象も随分と違うものになります。
そのため、感謝とお礼の言葉を手書きで一言付け加えるなどの
アピールも効果的となっています。
書く手順としては新年の祝詞からお礼の言葉、
そして自社の今後の抱負を認めてアピールをします。
そして最後に今後もご指導して頂けるようにと一筆添えて締め括りましょう。

一覧に戻る»

年賀状のご注文はこちら>>