2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > 年賀状で間違いやすいポイントをしっかりチェック!

年賀状について

年賀状で間違いやすいポイントをしっかりチェック!

「新年あけましておめでとうございます」は間違い?!

間違いとは指摘されるまで気づかずに繰り返してしまうもの。
きっと、多くの人が知らず知らずのうちに間違った年賀状の書き方を長年繰り返してきたことでしょう。
年賀状を受け取った相手も気づいていないのであればまだセーフですが、相手が知っていれば新年一発目の恥をかいてしまいます。
ここでしっかりと「年賀状の間違いやすいポイント」を知っておきましょう。

こんな年賀状は間違い!

何といっても年賀状の間違いのトップは「新年あけましておめでとうございます」でしょう。
「え?なにが間違っているの?」と思った方は多いはず。
実は「新年」と「あけまして」が意味が重複しているため使い方としては間違いなのです。
正しくは「新年おめでとうございます」や「あけましておめでとうございます」になります。

新年の挨拶に広く使われている「A Happy New Year」ですが、実はこれ、英語圏で新年のメッセージカードに書いてしまうと大笑いされてしまいます。
「A Happy New Year」は日本語に訳すと「良いお年を」なんです。
新年を迎えたのに年末のご挨拶を述べてしまってはいけませんね。
新年のご挨拶を英語で述べる場合は「A」の冠詞を外して「Happy New Year」です。

ご挨拶のほかにも「1月1日元旦」と書くのも間違い。
「元旦」とは「元日の朝」という意味ですから、1月1日元旦と書いてしまうと「1月1日1月1日の朝」という意味になってしまうのです。
ちなみに「元旦」と書いてもいいのは1月1日の午前中に届く年賀状だけです。

「謹賀新年」などの『賀詞』を使う場合、目上の人に「賀正」や「迎春」などの2文字のものや「寿」などの一文字のものを使うのもNGです。
2文字や1文字に省略された賀詞は失礼にあたるので、目上の人に送る年賀状には「謹賀新年」「恭賀新年」などの4文字熟語を使いましょう。

いかがでしたか?
気付かずに使っていた間違いがあったでしょう?
今回の年賀状からは、間違った表現のない知的なスタートを飾りましょう。

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>