2022寅年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

年賀状について

転居報告を年賀状で行うのは失礼!?

年賀状と転居の時期が重なったら…

年賀状と転居の時期が重なった場合、お知らせはどのようにしたらよいのでしょうか。
兼用にして良いのか、別々に出した方がよいのか、悩むことも多いでしょう。
この記事では、年末近くに転居をすることになった人が年賀状を出すときに気をつけることについて説明していきます。

転居報告を年賀状で行うのはOK?

年賀状は基本的には新年の挨拶をしたり、相手の健康や幸せを祝ったりするもの。そのため、転居祝いや結婚報告などの報告関係を一緒に行うべきではないという意見もあります。
しかし、最近では転居報告を年賀状で行う人は増えており、一般常識としてもおかしいと思う人は少ないというのが現状。それでも、目上の人や仕事関係の人であれば、報告は別々にした方が無難かもしれません。

転居報告を年賀状で同時に行える期間は?

引越しの連絡は引っ越してすぐ行うのが理想。遅くとも引越し後1ヶ月以内に行うのが一般的です。
年賀状と一緒に引越しの連絡も行いたい場合は、11月から2月くらいまでに引越しをした(する)場合に留めましょう。それよりも遅かったり早かったりする場合は、別で連絡することをおすすめします。
また、年始に引越しを行う場合は、必ず郵便局に転居届けを出しておきましょう。これを行なっていないと、引っ越したことを知らない知人が旧住所に年賀状を送ってしまった場合、年賀状が返送されてしまうからです。
郵便局の転居サービスを出しておくことで、1年間は郵便物を旧住所から新住所に転送してくれるので、自分のためにも便利なサービスです。

転居報告にはどんな写真を使うのがおすすめ?

年賀状と転居報告を一緒に行う場合の写真は、できれば新居で撮影したものが良いでしょう。
自分が引っ越したという連絡を受けたときのことを考えると、どのようなところに引っ越したのか気になりますよね。聞かれる前に年賀状で公表してしまいましょう。
一軒家であれば庭や家全体をバックとした家族写真、アパートならばリビングなど部屋全体の雰囲気が分かりやすい場所を背景にするのがおすすめ。
ただ、ここで気をつけたいのは余計なものが映り込まないようにすること。生活感が出すぎると、センスを問われるような年賀状が出来上がってしまいます。

年賀状と転居報告を同時にする場合気をつけること

年賀状で転居報告をする場合、あくまでもメインは新年の挨拶。
新居のことばかり書いて、転居報告がメインの年賀状にならないように気を付けましょう。
また、新住所を記載し、住所が変わったということがはっきり分かる一言を付け加えるのもポイント。例えば「新住所に移りました」などです。そして、おもて面のある程度目立つ位置に配置しましょう。
これがなければ、住所が変わったことに気付かない人が出てくる可能性もあります。
書く内容は以下を含めるようにしましょう。

・新年の挨拶
・賀詞
・いつ転居したのか、またはいつ転居する予定か
・新住所
・転居をする理由

この中でも忘れがちなのは転居をする理由。家を新築したので引っ越した、結婚したので引っ越したなどの理由を添えるのが一般的です。

転居報告の文例は?

転居報告の文の一例を紹介します。

謹賀新年
昨年中は大変お世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

なお、子供が小学校に上がるため学校の近くに引っ越しました。
新住所は下記になります。
お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

この他にもさまざまな文例をインターネット上で見つけることができ、また無料のテンプレートも数多く公開されています。
年末年始は何かと忙しい時期であり、さらに引っ越しが重なると大変な忙しさになるでしょう。そのようなときは、年賀状と転居届けを一緒にし、手間を省くのもひとつの手ですね!

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>