2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > 捨てないで!未使用・書き損じの年賀状は交換できます

年賀状について

捨てないで!未使用・書き損じの年賀状は交換できます

書き損じた年賀状ってどうしてる?

年賀状は送る予定の枚数より余裕を持って購入する人が多いもの。また、特に手書きで年賀状を作成する人は書き損じが何枚も出てしまうこともあるでしょう。
そのような無駄になってしまった年賀状を捨ててしまっていませんか?実はこれらの年賀状はがきをあるものに交換して有効活用することが可能なのです。
この記事では、書き損じや余った年賀状も無駄にせずに済む方法を紹介します。

普通郵便はがきに交換する

新品の年賀はがきや書き損じの年賀はがきは郵便局に持ち込めば、普通郵便はがきに交換できます。その際手数料が1枚につき5円かかりますが、新品でも書き損じでも手数料は変わりません。
手数料は現金での支払いの他、切手で支払うこともできます。ただ、年賀状で差し引くことはできません。
もしさらに新しい年賀状が必要な場合は、年賀状の販売期間であれば手数料を支払って新品の年賀状に交換してもらうことも可能です。
書き損じのはがきに交換期限はないので、自宅に置いたままにしてある書き損じはがきがあれば、交換することもできますよ。
ただし、年賀状に交換したい場合は要注意。過去の年賀状を今年の年賀状に交換することはできないので気をつけましょう。

切手に交換する

書き損じや新品の年賀状は切手に交換することもできます。普通郵便はがきへの交換と同じように5円の手数料を支払って交換してもらいましょう。
残念ながら特殊切手への交換はできないようですが、ミニレターやレターパックには交換可能なので活用範囲が広がりますね。

現金に換えることはできない

普通郵便はがき、切手、レターパックなどに交換できる書き損じの年賀状ですが、郵便局で現金に換えることはできません。
ただし裏技を使用すると現金に換えることが可能な場合も。それは「金券ショップ」に持ち込んだ場合です。
必ずすべての金券ショップが買い取ってくれるとは限りませんので、まずは相談してみましょう。
普通郵便はがきから5円の手数料を引いた47円よりは安い金額でしか買い取ってもらえないと思いますが、どうしても現金にしたいという人は相談してみると良いでしょう。

喪中になった場合は手数料は無料

親族の不幸は突然やってくることもあるので、喪中になったときにはすでに年賀はがきを購入してしまっていたという場合もあるでしょう。
そのようなときは郵便局に年賀はがきを持ち込めば「手数料無料」で普通郵便はがき、普通切手、ミニレター、レターパックと交換することが可能です。
年賀状は新品である必要はなく、作成後の年賀状であっても同じように手数料無料で交換をしてもらえます。
窓口で喪中になったことを伝えれば用紙を渡されるので、住所、氏名などを記入するだけです。簡易郵便局では交換ができないので気をつけましょう。

未使用や書き損じの中にお年玉の当選番号があるかも!?

未使用や書き損じの年賀状はお年玉の抽選日より後に交換するのがおすすめ。
なぜなら、この年賀状の中にお年玉の当選番号が混じっているかもしれないからです。最高で現金10万円が当たるかもしれないはがきを手放すのはもったいないですよね。
書き損じの年賀状に交換期限はないので、お年玉の当選番号をしっかり確認して、当たってないものだけを普通郵便はがきや切手などに交換するようにしましょう。

まとめ

意外と知られていない書き損じや未使用の年賀はがきの交換方法を紹介しました。すでに捨ててしまったものは仕方ありませんが、もしまだ自宅に残っている書き損じ年賀状があればすぐに郵便局に持ち込んで交換しましょう。
また、来年からは損をしないようにすべての書き損じと余った年賀状を郵便局できっちり交換してもらい有効活用しましょう!

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>