2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > シーン別!年賀状に使える文例集

年賀状について

シーン別!年賀状に使える文例集

年賀状は送り先に応じて文章を変えるべき

年賀状といってもすべての送り先に同じ文章を書けばいいというものではありません。送り先の相手やシーンに合わせて文章を変えるのがマナー。
すべての年賀状に同じ文章を使用すると、ちぐはぐな印象を与えたり、失礼になったりしてしまうこともあるので気をつけなければいけません。
この記事では送り先別によって、どのように文章を使い分ければ良いか説明し、文例を紹介します。

取引先向けの年賀状の場合

ビジネス向けの年賀状では基本的にビジネスに関してお世話になったお礼や今後の付き合いをお願いするような文章になります。
例えば下記のような文章です。

・本年も変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。
・貴社ますますのご繁栄と皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます。
・今年も一層の努力をもって貴社のお役に立てるように頑張る所存です。

あまりオリジナリティを出そうとすると軽い印象になってしまう場合もあるので、上記のような基本的な文章でまとめることをおすすめします。

会社の上司や先輩向けの年賀状の場合

会社内の上司や先輩の場合、取引先ほどかっちりした文章にする必要はありませんが、敬意や感謝を表した文章であることは必須。
また、自分のやる気を示すような一言を書き添えるのも良いでしょう。

・昨年は温かくご指導くださり大変ありがとうございました。
・本年も変わらぬご指導のほどよろしくお願い申し上げます。
・昨年は大変お世話になりました。
・今年もさらに飛躍できるよう努力する所存です。

部下向けの年賀状の場合

部下向けの年賀状の場合、相手の努力を認める言葉やこれからの活躍に期待する言葉などを添えます。

・○○プロジェクトでの真摯な姿勢に感動しました。
・○○さんのさらなる成長と飛躍を期待しています。
・入社以来着実に成果を上げていて頼もしい限りです。

会社の同僚向けの年賀状の場合

会社の同僚に出す場合は、共に頑張っていくという一体感が生まれるようなメッセージを添えましょう。

・今年もさらなる飛躍の年にできるよう、共に頑張りましょう。
・本年も新たな気持ちで一緒に頑張りましょう。

親族向けの年賀状の場合

親族の場合は変わりなく元気に過ごしていることの報告や、変わりないか相手にたずねるような文章が最適です。

・おかげさまで家族一同元気に過ごしております。
・ご無沙汰していますが、お変わりないですか。
・寒さが厳しい季節ですが、お体を大切にしてくださいね。

親族の中でも自分の親族とパートナーの親族では距離感が違うと思います。送る相手によって上記よりも丁寧な言葉にしたり、カジュアルにしたりの調整が必要です。

友人向けの年賀状の場合

友人向けの年賀状に添える言葉は基本的にはカジュアルでOK。ただ、いつもお世話になっていることに感謝することや、相手の幸せを願うということに変わりはありません。

・いつも気にかけてくれてありがとう!
・今年こそはゆっくり飲みに行きたいですね。
・新年会で会えるのを楽しみにしていますね。

友人向けの場合も親戚の場合と同じく親しい友人としばらく会っていない友人とでは使用する言葉やカジュアル度も変わってくるでしょう。

恩師向けの年賀状の場合

学生時代の恩師に送る年賀状は自分の近況報告や恩師の健康を気遣う文章が良いでしょう。

・○○先生のご健康を心よりお祈りいたします。
・おかげさまで充実した社会人生活を送っております。
・今年の同窓会でお目にかかるのを楽しみにしております。

まとめ

年賀状の送り先によっておすすめの文章を紹介しましたがいかがでしたか?
文例は年賀状印刷ソフトや年賀状作成業者で多くの文例の中から選ぶことができます。どの文章を選んで良いか分からない場合はプロに相談すると安心ですね。

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>