2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > 年賀状を書く前に知っておきたい干支の起源や意味

年賀状について

年賀状を書く前に知っておきたい干支の起源や意味

干支の構造

年賀状の季節になると、今年の干支が気になります。しかし、私達が干支と言っているのは、正確には十二支のことです。年賀状のイラストやデザインによく使われる干支について少し整理してみます。
干支(えと)は年、月、日、方角を表すものとして、中国から伝わりました。十干(じっかん)に、良く知られている十二支(じゅうにし)を組み合わせて、60の周期で干支を表します。十干は私達が良く知っている、甲、乙、丙、丁といった、数え方のことを指します。
子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥という十二支の順番は、日本の昔話によれば、神様が動物達を競争させ、早く到着した順にしたそうです。
ちなみに、ネズミが一番になったのは、牛の背中に乗っていたネズミが、ゴール直前に牛の背中から降り立ったからのようです。中国では猪は豚に、ベトナムではウサギが猫に替わります。

十二支の由来

十二支にはそれぞれ意味があります。今回は十二支の由来を少しひも解いてみます。
子(ねずみ)は行動力と財を表し、すぐに繁殖することから、子孫繁栄を意味します。丑(うし)は食料としても、労働力としても大切で、粘り強さと誠実を示します。寅(とら)はその美しい毛皮から夜空に輝く星と考えられ、決断力や才知を意味します。
卯(うさぎ)は温厚で従順、家内安全や飛躍を表します。竜(たつ)は古代中国では権力の象徴として位置づけられ、正義感と 信用を表します。巳(ヘビ)は恩を忘れず、探究心と情熱を表します。
午(うま)は人との付き合いも長く、陽気で派手好きな一面を持っています。群れを成す未(ひつじ)は家族の平安を示し、穏やかで人情深い性質を示します。山の賢者である申(さる)は、器用で臨機応変、信仰の対象としても見られています。
酉(とり)は“とりこむ”という言葉に表現されるように、商売に最適な干支として、親切で世話好きな一面を持ちます。戌(いぬ)は社会性があり、人とも付き合いが長く、忠実な動物で、勤勉、努力家。亥(いのしし)の肉は万病に効くということから、無病息災の象徴とされ、勇気と冒険を意味します。

十二支は時間に使われていた

皆さんはよく時代劇の映画などで、丑三つ時と言った表現を聞くと思います。十二支は実は時間を表すために使われています。現代で使われている午前、午後という表現は、11時から13時を表す、牛の時の前、後ろから来ています。いつのまにか牛から午になったようですね。
十二支や十干は今から4000年前の中国で使用されていた干支暦法にさかのぼります。その頃は、十干と十二支を組み合わせて、60日単位のカレンダーで生活していました。その頃の十二支は植物や木の成長を意味していましたが、その後、庶民に広げる時に、わかりやすいように十二支を動物に見立てたそうです。
ところで子をどうして“ね”と読むようになったのでしょうか。結論から言うと、後から無理矢理にそう読むようにしたのです。
高校野球の甲子園の”甲子”も十干十二支では“きのえね”と読みます。「木、火、土、金、水」の陰陽五行の考え方が導入され、全てのもの、事象を5つの要素に分類し、説明しています。”きのえね”の“き”は陰陽五行の“木”を表し、”え”は“兄”を表します。
2000年以上前の中国の三国志時代に使われた、十二支歴法では、甲子がカレンダーの最初の日、立春として扱われています。

方角にも利用された十二支

さて、話を元に戻すと、十二支は時間、カレンダー以外にも、方角を示すために使われました。北が“子”で、時計回りに“丑”“寅”と回転し、最後は“戌”“亥”で終わります。昔から北東を鬼門としたのは、牛と虎という十二支から由来したものです。
だいぶ解説が長くなりましたが、郵便局で年賀状を扱う季節、ちょっと干支について考えるのも良いかもしれません。

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>