2019亥年 年賀状・写真年賀状・年賀はがき・喪中はがき 印刷ならネットスクウェア

料金を他社と比べてください ネットスクウェアNET年賀状印刷

ご利用可能なクレジットカード

年賀状印刷

年賀状印刷のネットスクウェア トップ > 年賀状コラム > 時間をかけずに年賀状を作る時短テクニック

年賀状について

時間をかけずに年賀状を作る時短テクニック

年賀状作成の3つのボトルネック

年賀状の作成は思いのほか時間がかけります。特に時間がかける作業は、①絵柄面のデザイン作業、②宛名作成、③印刷作業の3点に集約することができます。今回は年賀状制作に関わるこの3点のボトルネックを中心にスピードアップの手法について解説します。

絵柄制作のスピードアップ

年賀状のデザイン作業に時間をかけたくなければ、既にデザインされたレディーメイドの年賀状を利用するのが一番です。レディーメイド年賀状はコンビニや印刷通販、日本郵便の郵便.JPなどで注文することができます。
お気に入りのデザインを選び、挨拶文を選び、あとは住所・氏名などの差出人情報を入力すれば作業完了です。
注文は店頭、パソコン、スマホを利用し、支払いはクレジットカードや代引き、あとは自宅や会社などで受け取るだけです。年賀状専用アプリやソフト、年賀状作成サイトを利用すれば、テンプレートやイラスト、背景デザインなども揃っています。
レディーメイドのデザインは利用したくないという方も、スマホのアプリやOfficeソフトのWordのテクニックを利用して年賀状を作成することができます。
Wordには「はがき文面印刷ウィザード」があるので、このウィザードを利用すれば、コスパは最高です。さらに差し込み印刷機能を活用すれば、宛名印刷まで完了できます。
スマホやパソコンに保存されている写真を利用すれば、テンプレートと写真2枚のデザインであれば、3分間であっという間に年賀状の制作が完成します。スマホに蓄積してある写真を日頃からチェックし、お気に入りを指定しておけば、写真の選定の時間も節約できます。
また、お手持ちのスキャナで身近なモノをスキャンしたり、昔懐かしい芋版や消しゴム版を利用した手作り年賀状も面白い味を出すことができます。

宛名作成の時短作戦

宛名書きは、準備なしに作業するととてつもない時間が必要です。日頃から住所録を管理しておけば、効率的に作業を進めることができます。年賀状は手書き派という方は、日頃の管理が結果に表れます。
自分で書く時間がない超多忙の人には筆耕をお願いすることもできます。ただ価格的にははがき1枚で100~200円と高価ですが、出来栄えはやはり違います。
筆文字の雰囲気を使いたいのなら、筆文字フォントを利用する手があります。最近は筆文字のフォントもフリーフォントが沢山揃っているので、使い勝手は良くなっています。
宛名作成の時間を短縮化したいのであれば、年賀状ソフトや年賀状作成サイト、印刷通販などの宛名印刷機能を利用します。プリンター印刷がまどろっこしいという方、自宅プリンターでは、なかなかきれいに印刷できないという方は、宛名印刷も業者に委託するのが便利です。
一般的に宛名印刷は年賀状の絵柄印刷のオプションとして受注していることが多いので、絵柄印刷と同時に発注します。住所録は、一般的にはエクセルやCSVファイルで納入することが多いので、これらの汎用フォーマットにアウトプットできるソフトで管理します。
印刷や発注前に印刷イメージを確認して、間違いがないかよくチェックする必要があります。この作業を怠ると、大変なことになることがあるので、面倒でもしっかり実施しましょう。

印刷時間の短縮

自宅のプリンターで印刷する場合は、プリンターの前に待機している必要があります。プリンターの調子が悪ければ、常に監視しなければなりません。その点、年賀状印刷サイトや印刷通販サイトは手離れが良く、高品質の印刷物の作成ができます。
年賀状印刷サイトや印刷通販などに発注する場合、年末はどうしても立て込んでくるので、納期も遅くなります。早めに発注することで、スピード納期を実現できます。年賀はがきの一般販売の前の発注であれば数日程度で納入してもらえます。
年末のギリギリの時期になってあせって年賀状作りをする場合に便利なのが、日本郵便のスマホアプリ「はがきデザインキット」です。
アプリであれば、通勤・通学時の電車の中でデザインを行い、コンビニでの印刷予約を行う、といったことも不可能ではありません。最寄りのコンビニに年賀はがき(インクジェット用紙は不可)を持ち込むか、購入して、店内のマルチコピー機にセットすれば、1枚数十円で印刷することができます。

年賀状のご注文はこちら>>

年賀状のご注文はこちら>>